上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガットゥーゾの夏の移籍騒ぎ…あの事について改めて本人が少し語ったようで、ニュースになっています。

バイエルンへの移籍がほんとうに実現するところだったのは、シーズン開幕前に明かしていましたが、
そうなった理由みたいなものを、今回はあかしています。
実に精神的な、メンタリティーの問題であった事がわかりました。
といっても更にその奥の具体的原因には触れていませんが。

ミランとい伝統あるチームで活躍し続けるには、
それだけ自分にしっかりとした自信やら、価値を見出せなければ、ガットゥーゾみたいな魂でプレーする選手ならなおさら、少しの間でもい続けるエネルギーは出てこないんですね。それだけプレッシャーが強い、ともいえるんでしょう。

私はガットゥーゾのプレーが好きなので、彼らしいプレーができる環境なら、突極どこへいっても応援はするつもりでずっといたんですが、
やっぱりミランのその他の選手、特に、相棒ピルロとの連携が見れることこそ、一番ののぞみだったので、ガットゥーゾが望まれるミランであった、のが、ほんとによかったです。
(ファンはもちろんですが、フロントやら上の方針でも、チームメイトにもそうであったのだと思いたいし。)

ところで、お休み中のピルロですが、今ガッちゃんが彼のかわりに中盤コントロールのお役目なんだるそうなんですけど、ピルロのように攻撃の基点になるにはプレーの質が違いすぎるので、いつものとおり敵ボールを狩りに行ってる間に、結局南極、他の人=セードルフが攻撃の起点たるお役目をひきうけてくれてるみたいなんですね。下の記事を読むと。そっかー、そうなんだー。

今は、以前より負担がすくない、っていってるし。。。ってことは、昨季「あいつ(セードルフ)を走らせろ!」とかなんとか、試合中監督にさけんでたガットゥーゾとしては、瓢箪からこま、というか、セーさんをチームのために走り回らせるスタイルに慣らせる、いい機会だったりしたんでしょうかね(笑

こんな受け取り方は私だけ?o(*^▽^*)oあはっ♪
でもピルロが帰って来た時には、その分みんなはありがたみを倍感じると思うんですがね(*^.^*)

昨日は、DVD整理がてら、2006W杯とか先日のEURO2008とか昔のをちらちら見ていましたが、やっぱり、闘犬ガットゥーゾと、涼しい顔で(敵さんには)息の根止めるパスやらFK決めるピルロのコンビを見るのが何より楽しいです。

公式HPでも、状態は目覚しく回復に向かっている、と出たのはよいニュースです。

他のけが人の皆様も速くもどれますように。GOAL前で、バリバリいい球止めるネスタ、小気味いい事この上ないし、ガツガツゴールに走りこむインザーギも抱きしめたいほどステキだし、ガッちゃんとそんな皆がプレーする日が待ち遠しい!!

今日の試合は、インテルとのミラノダービー。カカーを始め、点取り役の皆さんも頑張る気満杯のようだし、なんとか、かんとか、今日の、いい試合を見せてほしいです。
楽しませてほしいです!
慈悲深い、liveSportsさんが、ちゃんとこの試合も無料ネット放送してくれますし、
私もがんばって応援したいです!

……というものの、またまた、週明けの明け方3:30開始なんだよなぁ。
つ、つらいっ!(>▽<;;

livedooスポーツ
闘犬ガットゥーゾ「退団?象徴と言われ納得した」2008年09月27日09時22分 / 提供:Gazzetta.it.

(前略)
一方、中盤の要MFピルロの離脱については
「俺が中盤をコントロールするように努めている。
しかし、これまで通りボールを奪う役目の方が多く、俺が起点となることは少ないだろう。
その仕事はセードフルに任せている。
以前より負担が少ない現在のポジションを気に入っている」とコメント。

また、昨季終盤に流れたACミラン退団説については
 「今俺がこうしてここにいるのは、ガリアーニ(ACミラン副会長)の説得があったからだ。
 彼は俺に『君がACミランの象徴だ。どこにも行くな!』と説得してくれた。

またACミラン退団には家族も反対だった。
しかし、当時の俺はチームの中での存在価値に疑問を抱いていた。
俺の存在が重要であると感じることができなくなっていた…。

問題はチーム内にあったわけではない。
俺の心の中にあった問題だ。
しかし、疑問は払拭された。今の俺はやる気に満ち溢れている」

と説明した。



あ、あと、上の記事のリンクを見ると、ガットゥーゾがジラについていってること(簡単にいえば、ジラよりボリエッロの方が上だ、と悪口にとられかねない記事。)、リーノがそんないい方するはずない、と思ったんで、ふれるつもりもなかったんですけど、
ジラルディーノ本人がリーノからすぐ電話をもらい、報道はリーノの発言が曲げられて報道されてると言ってくれてました。

 ジラ弾で勝利!!「ガットゥーゾ発言?ミラノメディアが…」2008年09月28日09時53分
 彼からしっかりと説明を受けており、我々の間に誤解や確執はない。

ジラルディーノ:「大きな3ポイントだ」Goal.com
こんなことが表に出るのはおかしいと思っていたんだよ。実際、彼から電話をもらって話し、すぐにハッキリさせられた。
よかった、よかった、リーノはジラルディーノの誠実さにずっと敬意を払っていたんですもん。
ミラノの報道は、ミランを出てからあまりに成功してるジラを面白く思ってないのかな。しかしその腹いせにリーノを利用して人格をけがすようなことは、全く許せないわ!
って、ことで、一件落着だけどちょっと後味わるかったです。
私もジラががんばって結果を出してることが素直にうれしい派なので、昨日もよいゴルを決めたジラとフィオレンディーナの写真をアップしときます(^^) よかったね、ジラ、あ、でも、ミラン戦のときはあんまりすごくは頑張らないように(笑)
がんばってるね、ジラ!
katawebのも
ジラ


これまたタイムリーに、リーノ、ジラルディーノ、ピルロ中心に、かっこいい場面が集まった動画が見つかったので、↓に。♪



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/874-880b4b48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。