上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACミラン公式HPでの、リーノ残留発表記事はこちら。→
 以前と同じ友人2008/05/19 19:54:00
今夜、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長とリーノ・ガットゥーゾが記者会見を行い、ミランでキャリアを終えるという同選手の決断を発表した。 -両者のコメント-(下に全文)

ろーみーさんに教えてもらった、記者会見のビデオページ♪(*^▽^*)→
Gattuso: "Resto al Milan"
Il centrocampista accompagnato da Adriano Galliani e Carlo Ancelotti sul suo futuro in rossonero

CIMG5342s.jpg

-------------------------
【追記】 livedoor Gazzetta.it.
ガットゥーゾ契約延長。退団説の理由は階級社会!?
 …この日本語訳では、【ガリアーニが『もしどうしても退団したいのであれば、私を窓から投げ捨ててから行きなさい』と言って俺を引き止めた。】となってるんですけどね。
 Goal.comの記事訳では、【退団するならオレは窓から飛び降りなきゃいけないって】言った事になってます~~、ニュアンスとしてはけっこう違うと思うんですがね、前者の方が、芝居がかってるけど、インパクトはあるかな?(笑)

スポーツナビ
ミランのガットゥーゾが契約延長「ここで現役を終えるつもりだ」
「現役を終えるまでミランに居続けるつもりだ」と語ったガットゥーゾ【Photo:Maurizio Borsari/AFLO】
以前と同じ友人 2008/05/19 19:54:00
今夜、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長とリーノ・ガットゥーゾが記者会見を行い、ミランでキャリアを終えるという同選手の決断を発表した。 -両者のコメント-


トゥラーティ通りにあるミランオフィスのトロフィー室で行われた今夜の記者会見で、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長とリーノ・ガットゥーゾが残したコメントは以下の通り。

リーノ・ガットゥーゾ:「僕は出て行かない。すべての疑問を払拭したからだ。この数日は色々な話がなされたけど、僕が決してお金の話はしていないということをハッキリさせておきたい。僕はミランでキャリアを終える。間違いなく、僕は2011年まで残るよ。出て行かないということは重要なことになる。今の時点でそうしなかったということは、もちろんその後もしないということだからね。2011年になったら、どうすべきかを見ていこう」

「キャプテンマーク?序列というものがあり、それを遵守するのが正しいことだ。現時点でキャプテンはまだパオロ・マルディーニであり、彼のことをキャプテンとして話すべきだ。その上で、彼が引退した時に、副キャプテンとしてアンブロジーニの番となる。アンブロジーニの次には僕がいるだろう」

「確かに、今朝はこのミランオフィスに1時間いて、今夜も2時間いた。それは事実だ。でも、今朝はほとんどの時間をアドリアーノ・ガッリアーニ副会長と話すより、職員への挨拶に費やしたのも事実なんだよ。9年間を経て、このクラブの一員を務めているすべての人に敬意を払うのが正しいことだからね」

「ここに残ることは誇りだよ。ここの周りを見渡せば、勝ち取ったトロフィーがどれだけかわかるだろう。それに、ミランは世界で最もタイトルを獲得したクラブなんだしね。間違いなく、世界で最も重要なクラブの一つだ」

アドリアーノ・ガッリアーニ副会長:「私は心に訴えかけたんだ。いずれにしても、それがミランを際立たせているものだからね。カルロ・アンチェロッティ監督にも来てもらいたかった。彼もいるところで問題について話すのが正しいことだったからだ」

「5月19日にはとても重要な日である。なぜなら、ここから新しいミランを作るためにリスタートするからだ。来シーズンからすぐに勝者となるミランを作るためにね。実際、非常に競争力のあるチームを作るために、後で我々は監督と現状の分析を行うんだ。我々がCL出場の方を望んだのは当然だ。だが、UEFAカップに出場することで、我々の第一目標はスクデットとなる。また、UEFAカップの優勝も目指すよ。ここ(記者会見が行われたトロフィー室)にUEFAカップのトロフィーはないからね。スクデットを獲得しにいくのは、インテルとの23ポイントという勝ち点差を縮めるだけじゃなく、完全に消し去りたいからでもある」


ミランのガットゥーゾが契約延長「ここで現役を終えるつもりだ」 ジェンナーロ・ガットゥーゾがミランを離れることはない。注目の月曜日は、アドリアーノ・ガッリアーニ、カルロ・アンチェロッティ、およびガットゥーゾ本人の出席した記者会見で締めくくられた。ガットゥーゾはバイエルン・ミュンヘンに移籍することはなく、今後もミランでプレーを続けることになる。「関係はこれまで通り変わっていない。あと3年間、現役を終えるまでここに居続けるつもりだ」とガットゥーゾは語った。

 月曜日の午前に行われたガッリアーニとの面談は、ミランにとってうれしい結論に終わった。自らの未来について話し合うためガッリアーニに会ったガットゥーゾが、バイエルンへの移籍を希望していたのは明らかだったが、彼を手放したくないというミランの意思が上回り、ガットゥーゾの考えを変えることに成功した。1時間あまりにわたる面談には、ガットゥーゾの代理人アンドレア・ダミーコも同席。面談終了後は、関係者全員がノーコメントを貫いていたため、ガットゥーゾはミランに別れを告げることになると予想されていた。

 しかし、そうではなかった。夜にはガッリアーニが記者たちを集めて会見を開き、状況が覆ったことを明らかにした。ガットゥーゾは2011年までミランに残り、契約を満了することになる。あるいはその後もミランに残るかもしれない。確かに言えるのは、ガットゥーゾは現役の最後までミランでプレーするということだ。

Gazzetta.TVの、ガットゥーゾ残留ニュース動画
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/808-e6a2bfbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。