上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年1月10日、ガットゥーゾに、『ALTROPALLONE』賞が授与されたとの事。
 サッカー選手の社会活動に対する賞だそうです。

 さすがリーノですね、ファンとしても誇らしい(*^^*)
 どうやら、昨年12月21日に決まって、報道はされていたようですが、CWCの余韻にひたっていて、まるで知りませんでした(^_^;)

 歴代の受賞者では、
2003 Javier e Paula Zanetti 、2004 Leonardo(レオナルド), Davide Baccarini e Luca Colombo 、2005 Lilian Thuram など、サッカー選手でそういう活動を続けている人、何人もいるのですね!

↓は、ミラン公式HPでのお知らせ♪
ガットゥーゾに『ALTROPALLONE』賞
2008/01/10 12:52:00
リーノ・ガットゥーゾに今朝、ミラノ県より『ALTROPALLONE』賞が授与された。サッカー選手の社会活動に対して送られる同賞は、近年のミランではレオナルドが受賞している。今回の受賞により、リーノは自動的に同賞の審査員となった。


4位以内に入りたい
2008/01/10 15:51:00
リーノ・ガットゥーゾが今朝、ミラノ県から『ALTROPALLONE』賞を授与された。サッカー選手の社会活動に対して送られる賞だ。ガットゥーゾのコメントを紹介。

ミラノ県から『ALTROPALLONE』賞を授与されたリーノ・ガットゥーゾのコメントは以下の通り。11年前に発足した同賞は、一年を通じて幼児・青少年の保護のために社会活動を行なってきたスポーツ選手に授与されるもの。リーノはカラーブリア州の幼児・青少年のための『Fondazione Rino Gattuso forza ragazzi onlus』基金での活動を評され、今回の受賞となった。

「今回の賞を受け取ることができて、幸せに思っている。カラーブリア州だけでなく、イタリア全土で僕の基金が毎日活動しているお陰だ。僕らの仕事は小さなことから始まっている。このプロジェクトを僕は強く信じているんだ。助けを必要としている人たちを助けられるのだからね。全力を尽くし、新たな目標を目指す刺激を与えてくれることだ。続けていこうという力を与えてくれることなんだよ」

-リーグ戦が再開すれば、ミランは過密日程のなかで多くの試合をこなさなければならないけど。

「そうだね。1月は試合がたくさんある。日曜のナポリ戦からすぐに頑張らなければいけない。4位以内に入ることは非常に重要な目標だからだ。まだサン・シーロで勝っていないということを考えないわけにはいかない。リーグ戦でのこれまでは落胆させられるようなシーズンだった。でも、まだ僕らはやり直すことができるはずだ。来年、チャンピオンズリーグにミランがいないなんて、考えられないことだよ。とにかく、ナポリ戦は簡単な試合にはならないだろう。でも、僕らはドバイでこの一週間に渡っていいトレーニングができたと思っている」

-再開に伴ってパトが加わり、ロナウドも復帰するだろう。

「どうなるかは誰にもわからない。でも、僕ら全員が彼には大きく期待している。練習では大きなことを見せていたからね。彼にあまりプレッシャーをかけすぎないように、僕らが注意しなければいけないだろう。でも、そういったプレッシャーは彼の移籍金の額やメディアの報じ方によってもたらされたものでもある。理論上では彼はカンピオーネ(優れた選手)だ。これからはそれを証明しなければいけない。ロナウドは・・・調子がよければ、彼は素晴らしい助けとなってくれるさ」

-ジーダは?

「この数年間でネルソンが僕らをどれだけ勝たせてくれたか、どれだけの結果を救ってくれたのかを忘れてはいけない。今はひどい時期を過ごしているが、すべてのカンピオーネたちと同じように、彼もそこから抜け出すはずさ。そうしてくれると確信しているよ」

-昨日、君は30歳になった。これまでの統括は?それから、自分自身に何をプレゼントしたい?

「間違いなく、僕は決して後ろを振り向いたりしない人間なんだ。それに、何もプレゼントしたいとは思わないね。大事なのは健康でいること。とにかく、僕の義務はピッチに向かい、頑張ることだ」

-サッカー選手になりたいと思っている若者たちにアドバイスは?

「サッカー選手をするということは、他の仕事をするのと同じことだ。確かに、大金を稼ぐことはできる。だがいずれにしても、すべての仕事と同じように、この仕事に対する情熱が基本になければいけないんだ。なぜなら、情熱こそが毎日を暮らす上で苦労を少なくしてくれるように助けてくれるものなのだからね」




--------------------------------------------------------------
ここからは、この賞に関係あると「思われる」HP,一応記録として…訳は翻訳サイトまかせ…推理力を駆使して意味をおしはかってみよう…(^_^;)

ALTRI MONDIALI


L'associazione
-----------------------------------------
L'Altropallone agisce senza fini di lucro e pone a fondamento del proprio operare la valorizzazione e la diffusione di una cultura del consumo etico e critico e della cultura della pace e della solidarietà nell'ambito dello sport con particolare riguardo agli sport popolari legati al pallone in tutte le sue varianti.
L'Altropallone è aperta a tutte le "differenze" etniche, religiose, ideali e favorisce il confronto tra le diversità. Professa la solidarietà come frutto della reciproca conoscenza, del superamento di ogni pregiudizio e dello sviluppo della coscienza critica.

I nostri soci: Michele Papagna, Federico Ceratti, Gianni Di Domenico, Gianni Mura, Damiano Tommasi, Milly Moratti, padre Renato Kizito Sesana, Luisa Motta, Giorgio D'Andrea, Rossana Papagni, Myrna Gil, Paolo Maggioni, Davide Baccarini, Antonio Iannetta, Silvia Re.


協会---------
-Altropalloneは利益の薄く行って、そして、それはそのバリエーションの全てで、ボールに縛られた人気があるスポーツへの特定の関心で、スポーツの範囲内で搾取を操作する適当なものと平和と団結の倫理で重要な消費と培養菌の培養菌の普及のベースにセットする。

Altropalloneは民族のすべての「違い」を受け入れて、信心深くて、理想的です、そして、それは違いの間で比較を支持します。
それは、あらゆる偏見と重要な良心の発達の少し勝っている相互の知識の果物として、団結を明言します。

我々のパートナー: マイケルPapagna、フレッドCeratti、ジャンニダイドメーニコ、ジャンニムラ、ダミアーノトンマージ、ミリーMoratti、父レナートKizito Sesana、ルイーザモッタ、ジョージダイアンドリュー、ロッサナPapagni、マーナギル、ポールMaggioni、ダビデBaccarini、アンソニーIannetta、シルビアRe。

L'Altropallone 2007についてのページ…例によって、イタリア語翻訳ページにかけても???ですけど(^_^;)

Difendiamo i LORO diritti! : L'Altropallone 2007
Inviato da Segreteria su 28/12/2007 15:10:00 (214 letture)
La Campagna "Difendiamo i LORO diritti" è ufficialmente conclusa, ma i problemi, ben più grandi di noi, legati al mondo dello sport sussistono.

Per questo motivo siamo lieti di poter annunciare il vincitore del premio l’Altropallone 2007, che premia giocatori che si sono distinti per azioni di solidarietà oltre che di indubbio carisma nel gioco.

Il premio quest'anno va a Gennaro Ivan Gattuso per l’attività della
“Fondazione Rino Gattuso forza ragazzi onlus”
a favore dell’infanzia e dell’adolescenza in Calabria

Leggete le motivazioni di tale scelta....

Il premio sarà consegnato a Gattuso dalla Presidenza della Giuria
Giovedì 10 Gennaio 2008 alle ore 11,30
alla Sala degli Affreschi della Provincia di Milano
(via Vivaio 1)



Il premio l’Altropallone 2007 a Gennaro Ivan Gattuso
per l’attività della
“Fondazione Rino Gattuso forza ragazzi onlus”
a favore dell’infanzia e dell’adolescenza in Calabria

....

L'altropallone ha 11 anni, ormai siamo una squadra completa. Dopo un progetto, quest'anno il premio va a un calciatore che la Giuria, all'unanimità, ha individuato in Gennaro Ivan Gattuso, più noto come Rino e come Ringhio.

Per le motivazioni, basta rileggere frasi dello stesso Gattuso, che tra una partita e l'altra, uno spot e l'altro, ha investito tempo ed energie nel futuro della sua Calabria, facendo nascere nel 2003 una fondazione Onlus "per sostenere i ragazzi meno fortunati di me, le persone che a mille km da dove vivo a poche centinaia di metri da dove ancora abitano i miei devono confrontarsi ogni giorno con le difficoltà di chi vive in Calabria, in tutta la Calabria, non solo a Corigliano".

E ancora: "E' molto importante legare l'attività calcistica di base alla solidarietà". "La Polisportiva di Cimiano ci permetterà di testare questo nuovo modello che affiancherà un programma educativo all'allenamento calcistico, in modo serio e controllato".

Un doppio campione del mondo (Nazionale e club) può certamente essere un buon esempio per i giovani. Lo è ancora di più se, come Gattuso, visitando i carcerati dice di essere stato salvato dal pallone, altrimenti poteva trovarsi al posto loro. Oppure, pochi giorni dopo il trionfo di Berlino, dice: "Ragazzi, non fatevi fregare, non rincorrete le auto e gli orologi di lusso, non sono questi i valori della vita. Rincorrete i vostri sogni".

In Gattuso coincidono il calciatore e l'uomo: la solidarietà e la generosità, le doti che mostra in campo, lo accompagnano anche fuori. Non è un divo, anche se gira molti spot. E' un atleta che ha sudato il successo e ne è consapevole. Dà il meglio da lottatore, lealmente. Ha un ruolo che è una metafora. Non può essere il faro o l'ispiratore di una squadra, ma sa esserne l'anima. Cosa che non si può dire di tanti calciatori.

Noi della Giuria abbiamo l'illusione (o la presunzione) di saper riconoscere i "cuori nel pallone", quando il pallone rotola e rimbalza oltre le linee degli egoismi e dei privilegi: in Afghanistan come nelle periferie di Parigi, in Palestina come in Calabria. Benvenuto in squadra a Gattuso. Oggi è giustamente premiato, da domani è automaticamente in Giuria, come quelli premiati prima di lui.

Gianni Mura

Presidente della Giuria de l’Altropallone

Milano, 21 dicembre 2007

Michele Papagna, coordinatore de l'altropallone



A Gattuso l'Altropallone 2007

21/12/2007.

Assegnato al giocatore milanista il premio l'Altropallone 2007 per l'attività della Fondazione Rino Gattuso forza ragazzi onlus.
Il premio l'Altropallone 2007 è stato assegnato a Gennaro Ivan Gattuso per l'attività della “Fondazione Rino Gattuso forza ragazzi onlus” a favore dell'infanzia e dell'adolescenza in Calabria.

«L'altropallone ha 11 anni, ormai siamo una squadra completa» dichiara Gianni Mura, presidente della giuria de l'Altropallone. Dopo la premiazione di un progetto, quest'anno il premio va a un calciatore che la giuria, all'unanimità, ha individuato in Gennaro Gattuso, più noto come Rino o per tutti i tifosi "Ringhio".

Per le motivazioni, basta rileggere frasi dello stesso Gattuso, che tra una partita e l'altra, uno spot e l'altro, ha investito tempo ed energie nel futuro della sua Calabria, facendo nascere nel 2003 una fondazione onlus «per sostenere i ragazzi meno fortunati di me, le persone che a mille km da dove vivo a poche centinaia di metri da dove ancora abitano i miei devono confrontarsi ogni giorno con le difficoltà di chi vive in Calabria, in tutta la Calabria, non solo a Corigliano»
E ancora: "È molto importante legare l'attività calcistica di base alla solidarietà». «La Polisportiva di Cimiano ci permetterà di testare questo nuovo modello che affiancherà un programma educativo all'allenamento calcistico, in modo serio e controllato».

«Un doppio campione del mondo (Nazionale e club) può certamente essere un buon esempio per i giovani. Lo è ancora di più se, come Gattuso, visitando i carcerati dice di essere stato salvato dal pallone, altrimenti poteva trovarsi al posto loro» osserva Gianni Mura. «Oppure, pochi giorni dopo il trionfo di Berlino, dice: "Ragazzi, non fatevi fregare, non rincorrete le auto e gli orologi di lusso, non sono questi i valori della vita. Rincorrete i vostri sogni". In Gattuso coincidono il calciatore e l'uomo: la solidarietà e la generosità, le doti che mostra in campo, lo accompagnano anche fuori. Non è un divo, anche se gira molti spot. Èun atleta che ha sudato il successo e ne è consapevole. Dà il meglio da lottatore, lealmente. Ha un ruolo che è una metafora. Non può essere il faro o l'ispiratore di una squadra, ma sa esserne l'anima. Cosa che non si può dire di tanti calciatori».

«Noi della Giuria abbiamo l'illusione (o la presunzione) di saper riconoscere i "cuori nel pallone", quando il pallone rotola e rimbalza oltre le linee degli egoismi e dei privilegi: in Afghanistan come nelle periferie di Parigi, in Palestina come in Calabria» conclude Gianni Mura. «Benvenuto in squadra a Gattuso. Oggi è giustamente premiato, da domani è automaticamente in giuria, come quelli premiati prima di lui».


プレーヤーにmilanistaに賞を割り当てられて、財団リノガットゥーゾの活動のためのAltropallone 2007は、君onlusを強制します。
Altropallone 2007が「基盤リノガットゥーゾは、君onlusを強制します」の活動のためにジェンナーロイヴァンガットゥーゾに割り当てられた賞幼少、そして、カラブリアの青春期の。

「altropalloneは11才です、今ごろは、我々は完全なチームです» ジャンニムラは宣言します、Altropalloneの陪審の理事長。 プロジェクトを与えた後に、今年、賞はサッカープレーヤーへ行きますその、満場一致に、陪審、you/he/sheはジェンナーロガットゥーゾを中で個々に区別しました。そして、リノとして、または、すべてのファン「うなりのためにより知られています。」

動機づけのために、それがするすべてが同じガットゥーゾ(ゲームと他の間のそれ)の文を再読していることを、点と他、you/he/sheは彼(女)のカラブリアの将来時間とエネルギーに投資しました、2003年に基盤onlus「私より最も少なく幸運な男の子を支えるために人々数kmの千までそれ数メートルのほとんど百まででなく、生きてどこで、あなた/彼らがそうしなければならない鉱山静かなライブは、どこの毎日、彼を困難と比較します生きて、コリリャーノだけでないように、全部のカラブリアで、カラブリアで誰を運ばれて生む»
そして、静まってください: 「主成分のサッカー活性を団結に結ぶことは、非常に重要です。」 「CimianoのPolisportivaは、我々が意志にサッカートレーニングに並んで教育プログラムを置くこの新型を作るのを許します、重大な方法で、そして、チェックします。」

「世界(国民とクラブ)の倍のチャンピオンは、確かに若者に対する良い手本でありえます。 ガットゥーゾとして、囚人を訪ねることがボールで保存されたために言うならば、それはよりさえそれです、さもなければ、you/he/sheが彼らのところにあることができました» ジャンニムラは観察します。 「または、勝利の数日後にベルリンで、それは言います: 「みんな、あなたをこすらせないでください、あなたは自動車と贅沢の時計に夢中になりません、彼らはこれらでありません生命の価値。 あなたは、あなたの夢に夢中になります。」 ガットゥーゾにおいて、サッカープレーヤーと男は、同時です: 団結と寛大さ(それがフィールドで示す持参金)は、また、それを外へ伴います。 たとえそれが多くの点を回すとしても、それはスーパースターでありません。 È成功とそれに汗をかかせたものスポーツマンは、それに気づいています。 それは、最も、忠実に、ファイターを与えます。 それには、比喩である役割があります。 You/he/sheは灯台またはチームの奮い立たせるものであるはずがありません、しかし、彼/彼女はその魂である方法を知っています。 それほど多くのサッカープレーヤーの言われることができない正しいこと。」

「ジュリーの我々は「ボールの心臓」を認める方法を知っているために幻想(またはうぬぼれ)を見ます。そのとき、ボールは転がって、egoismsと特権の線の上にはねます: カラブリアの場合のようにパレスチナで、パリの周辺の場合のようにアフガニスタンで» ジャンニムラは結びます。 「ガットゥーゾにチームでようこそ。 それは今日正当に勝っています、彼の前の勝利を得たものとしての陪審の明日は、それから、自動的にあります。」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/733-727515cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。