上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復活ジラ!のラチオ戦からはや5日、セリエAでのACミランの試合は一休みで、ガットゥーゾたちイタリア代表召集のメンバーは、今日はEURO 2008予選を戦います。

 Italy - Georgia (グルジア) (日本だとまた明日の明け方ね…うーん、起きれるか、微妙…けど、ガットゥーゾもピルロも、アンブロさんもでるのでできるならちょっとでも見たいな)

 さて、↑のリンク記事のように、最近ガットゥーゾは微妙に髪が伸びてます、剃り剃りツルツルはやめたようです。私の願いが通じて、2006W杯前半の、風にそよぐくらいの長さを目指しているのかな、と喜びかけましたが、どうやらそこまでは伸ばしてくれない感じ…、でもまあ、ツルツルよりは、頭も怪我しにくいだろうし(たぶん)、嬉しいです。

 けどYou tube とかネットの小さい画面で探すときは、今までのツルツルの方が見つけやすかった…、最近良く、見失います…それだけは不便だなぁ。
 
 それはそうと、先日のCL戦のセルティック戦で、ピッチ上への乱入した相手方サポーターに頬(首?)をはたかれたGKジーダがおおげさに倒れて試合を止めた、と言われている件について、
 2試合出場停止の処分が下されました
 そして上のUEFAのリンク記事のように、この事件をおこす環境を許したセルティックへは6万スイスフラン(約600万)の罰金のみ…、それも半額(3万スイスフラン)は、2年間に今回と同じような過失があった時のみ適用される…んだそうだ。なんで???
 あのとんでもない犯人が、ナイフでも持っていたら、ほんとにとんでもない事になっていた…、という事についての管理責任と、
 スポーツマン精神の欠如…どっちの罪が重い??(ジーダはあの時めまいを起こした、とドクターに言ったので交替になったらしいですが。)なんて、比べようもないですけど…。

 ミランにとってジーダが2試合もいないというのは、すごいダメージなのは確か…だと思いますよ、たぶん…、いくら調子悪い時にしても。
 (クラブに対してはお咎め無しでしたが、結果的には、ミランというクラブへ、セルティックより重いペナルティーが与えられた、という事ですよね。)

 マルディーニ・キャプテンは公式HPでこの件について、
[「こうやって扱いが違う理由がわからない。10年以上前は、GKにペットボトルが投げられた際に、2試合の本拠地使用禁止処分が下された。ジーダは確かに過ちを犯した。でも、繰り返しになるが、どうして扱いが平等じゃないかがわからない」 ]と語っています。
 ミランはこのジーダへの処分について、提訴しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/644-db2573a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。