上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも、セリエAの現地情報をミラノから発信してくださっている、ろーみーさんのブログに、
TV雑誌に掲載された、仲良し3人組み?な、
デル・ピエロ、マテラッチ、そして、ガットゥーゾ
へのインタビュー記事の訳が、掲載
されてました!
 ほんとにろーみーさんには、いつも貴重な情報を感謝しています。
 とてもよい記事だなぁ。 
 この3人は、マブダチ、ってやつなんでしょうかね~?
 3人とも、違うチーム、ライバルチームの一員でありながら、仲良くて、お互いを認めてて、例えば、誰かがヤンチャをやったら、遠慮なくたしなめられるような…。いいですねぇ(*^.^*)

 ガットゥーゾの、「若い者たちにこのスポーツへの愛を伝えたい。」という気持ち、熱いです、下に一部引用させて頂きましたが、記事全文にリンクしてありますので。。。興味ある方は、是非全文を読みに飛んでくださいませ!

 第一戦で戦いながら、こういうことをいつも考えている彼を尊敬します。
 逆に、そういうメッセージをいつも発信しつづけている、というのは、そういう問題が、イタリアでかなり深刻なんだな、というのが伝わってきますが…。

 サッカーだけでなく、社会や若者へのメッセージに、彼のあったかくて人間としての大きさがにじみ出ている面を又知る事ができ、とても、ジーーーーンとくるのでした。

ろーみーさんのブログ:Zefiro “ネスタ&イタリアサッカー応援” Ⅱの記事。(一部、改行を加えさせて頂きました)

Superなカンピオナートに」より。
Q:
そう、でも何十万という若者にとって、君たちは人生のお手本だ。非常に大きな責任。

Gattuso:
俺はできれば若い者たちにこのスポーツへの愛を伝えたい。

楽しむためにプレイするということを。
金持ちや有名人になるためだけでなく。

世の中には、自分の息子をカンピオーネにするためにあらゆる手段に走り、子供たちを潰してしまっている親が大勢いる。

もし(カルチャトーレに)なれなければ、その子たちは人生を失敗したと思ってしまう。

時には、もし幸運が助けてくれれば、自分の情熱を傾け必死で向かっていけば、夢が叶うこともある。

故郷にチャンピョンズリーグや、それだけでなくワールドカップまでもたらすこともできる。

もしそれが起こらなかったとしても、自分の人生は無意味ではない、カルチョへの愛を失ってはいけない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/609-5f04e5fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。