上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日(もう今日)の夜は、AFCアジアカップ、日本が決勝トーナメント第1戦を、あの昨年のW杯で負けたオーストラリアと戦うのですが…。

そんな中のオシム監督の記者会見記事を読みました(→こちら)。
 下の抜粋の部分、ですが、まったくもって、その通り!です。。。いえ、私にとってですが、ちょっと前から、さすがに気づいてきましたが、なんであんなにあの負けがショックだったか(当時、サッカーに思いいれがなかった自分が…)というと…まぁ、そういう事なんですよ。よっくこの一年でわかりました…!(^^;)

 という事で、さっき、そのW杯のオーストラリア vs イタリア戦を改めて見てました。(ちなみに日本戦のは持ってません。このイタリア戦も、再放送時にとったもの)
 すごいです、あのビデゥーカとかケーヒルとか…あははは。。(~_~;)

 この試合では、イタリアのゲームを作るFKの名手でもあるピルロが徹底的にマークされてしまい、いつもの光を放てなかった、と解説さんがいってたように、かなり自由を奪われています。でも、キャプテン・カンナバーロを初め、マテラッチ退場で10人になってからのイタリアはすごかった…。(もちろん、ガットゥーゾもいつも以上に燃えていた!)
 結局、修了間際に1点、で勝っているわけですが、オーストラリアも押すわ押すわ、で、すごい試合でした。

 でもそんな中でも、ガマンし続けて、いつもの自分達の長所を押し出し続ける自信をどの選手も持っていた事が、最後には勝利へと結びついたんでしょうか、日本も是非、自分達の長所を出せる試合をしてもらいたいです。

 もし、中村俊輔選手に、ピルロのような事がおきるにしても…サッカーは11人でやってるんですもんね。
 それに、あれから一年、選手たちも努力してきたからこそある、今の姿。
 オシムさんを見習って、明日は一年前とは違い、日本の選手の皆の走る姿を、世界のサッカー選手の中の一人として楽しめるように、したいなぁ、と思ってます。

 (昨年のW杯でのオーストラリア戦の敗戦は衝撃的だったが、そのショックは今回の試合にどう影響するか?)

1年もの長い間、ショックが続いているということの方がショック。そういうショックを乗り越えて生き残って欲しい。

 ただ、そのときショックとして感じた方はご自分自身に責任があると思った方がいい。対戦相手の情報をきちんと入手していなかったということ。昨年も今日も情報の種類に変わりはない。相手に、どんな選手がいて、どんなクラブでプレーしているかを知っていれば、昨年のW杯でも簡単な相手でないと分かったはず。昨年のW杯でもショックを受ける必要はなかったということ」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/579-f6cdd594
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。