上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       ◎ミランHP ブレーキングニュースより(2007/05/22 13:37)
カカー:リーノは僕らの強み 2007/05/22
UEFAの公式サイトでカカーはこう語っている。
「チームのために全力を注ぐジェラードやキャラガーのような選手を尊敬している。
"決して諦めない"選手たちを相手にするのは、いつだって厳しくリスクを伴うものだ。
ただ、ミランにもこういう選手はいる。
僕の友人ジェンナーロ・ガットゥーゾがそのいい例だ。
彼は、すべての試合に全力であたり、
その情熱とパワーを選手から観客まですべての人に伝える選手だ
」。

 さすがカカーくん!
 やっぱり、ミランの面々はお互い信頼し合って、認め合ってるのが、色んな発言ににじみ出てて、いいな~(*^^*)←ファンとしては、あまり裏は読まないようにしてますから、私~(笑)

 前にフット●リスタって雑誌の1コラムで、マンU戦で興奮しすぎたガットゥーゾを、カカーが叱責した(←それほどカカーが若いのに落ち着いてた、っていう意図なんですが)、と書いてる人がいたんですが、それ読んだ時、ガットゥーゾは叱られてたのか?と、かなり違和感が…。

 なぜなら同じ場面を見た私の感想は、
 審判の納得できない自分へのファール判定に、いつもの正義感でだまっていられず、アピールを止めないリーノ(ガットゥーゾ)を、カカーくんが、やさしく、落ち着いて、リーノ、ボクが後フォローするから!なーんて、可愛い弟ぶりを発揮し、それでちょっと落ち着いて我に返って、ちょっとハニカむ表情のガットゥーゾ…とかいう、解釈だったんで。(…あ、これぞ、痛い妄想ってやつか~~?(^▽^;))

 しょせん、画面から察するしかないので、いかようにも取れるわけで、ご当人からするば、どれも想像に過ぎないんですよね、それでも気になるファン心理(笑)…読唇術でも使えればちょっとは違うかな?ジダンの頭突きの時みたいに…(^^;;

 ま、とにかく、ミランの皆さんがCL決勝にて、お互いを信じて、いいプレーが思う存分できますよう、祈っております!

 それにしても、カカーみたいな弟、いや、従兄弟くらいでいいけど、いたらいいだろうなーー、もう、周りに自慢しまくるだろうな(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/523-063072d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。