上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミランチャンネルのインタビューに答えるカカーくんのコメントがミラン公式日本語版に。 ↓下に紹介。

チームに関してもですが、私としては、特にリーノ(ガットゥーゾ)へのメッセージが感動だ~。
カカーくん、いいコだな~~(゜ーÅ) ホロリ
 あのゴール後の天に両手を差し伸べるポーズ(以前大怪我した時に復活できたことへの、神への感謝だそうだが)も美しく、ポジティブな物言いといい、もう、ミランに舞い降りた天使のよう!(笑)←いや、ほんとに!

ハイライトで見ただけですが、彼の先日24日の対CLマンU戦の2ゴールは、ほんとに美しかった!マンUのサポーターにも絶賛されていたとか。
今日早朝の録画放送は、まだ見てないけど、おかげ様で怒涛の日々は終わって元気も上向きです(^^)、
幸い、GWは特に遠出の予定もなく(ん?幸いなのか??(^^;))、しっかり休むので、ゆっくり見れるでしょう。

そろそろ冷静に見れそうですし、楽しみます←特に前半は!(^^;)
最後のルーニーくんのすごいゴールも今度はちゃんと見よう~!


絶好調のカカー
2007/04/27 1:57:00
 カカーは好調、チームをチャンピオンズリーグ決勝へと連れていかんとしている。彼は準決勝第2戦を心待ちにしており、ガットゥーゾには復帰を、ティフォジたちには全力での応援を呼びかけている。


ブラジルの星カカーが、今日、ミランチャンネルのマイクに向かった。彼はマンチェスターとの準決勝第2戦を視野に入れ、チームについて、現状について、自身のコンディションそしてガットゥーゾについて語った。「ティフォジたちからクリスティアーノ・ロナウド以上だという評価をもらってうれしいし光栄だ。ただ大事なのは結果だ。だから、チームができる限り勝ち上がれるようにベストを尽くしたい。決勝に行きたいと心から思っている」。

しかし、アテネでの決勝へ行くためには、まずはサンシーロでイングランド勢を敗らなければならず、それにはティフォジたちのサポートが欠かせない。「彼らの存在は本当に大きい。ホームで闘うときは常にそうだった。この厳しいシーズンにおいても彼らはいつもチームに寄り添っていてくれた、次の試合でもそうしてくれるはずだ」。

カカーはイングランドで「サンバボーイ」の異名をとった。「おもしろい評価だよね、サンバのリズムを思い起こさせるって...僕が踊れないのは実はサンバだけなのに!」。

準決勝第1戦を終え、チームメートからガッリアーニ、そしてベルルスコーニ会長まで、多くの人が彼のイマジネーションを賞賛した。「君にとって何が一番うれしかった?」という質問に対してカカーは、「何が一番感動かってこと?それなら...僕たちには次の試合に勝つだけの力があるってわかったことだよ。そのことが僕たちの自信となる。たくさんほめられたけど、でも何より大事なのは試合に勝つことを考えることだ。僕はすごく調子がいい、この大事なときに万全のコンディションだ」。

最後にリーノ・ガットゥーゾへ、水曜夜までの復帰ができるようにとひとこと。「足の裏の痛みは簡単に消えないし、耐え難いものだ。いやな痛みだけど、それでもリーノが試合に出られることを祈っている、何より彼だって僕と同じように思っている」。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/498-b8e5a727
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。