上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.12 勝利!
やった~~~!!!
ACミラン、2-0で、
CL準々決勝でバイエルンに勝利です!
→4強へ!
前半で、セードルフ、インザーギ、と2点取ってくれたので
よーし、とは思ったものの、
後半は、テキスト観戦だと、責められ続けた感じばかりで、
すんごい怖かったんですけど…

でもミランの皆、がんばったな~~、お疲れ様でしたヾ(=^▽^=)ノ
さわやかな朝をありがとう(^^)
…といいつつ、まだ6時前なので、あと1時間寝なおします(笑)
[追記]ガットゥーゾ活躍の記事をストック(*^^*)
livedoor スポーツより。
(前略)このころから、ミランはMFガットゥーゾの奮闘もあって中盤の主導権を奪い返していた。そして30分、中盤のダイレクトのパスワークから、セードルフがヒールで前線に出したボールは、フリーのインザーギに渡る。オフサイドか否か、微妙な位置ではあったが、彼は迷わず右足を振り抜き、大きな2点目をアウェーチームにもたらした。

これ以降、ミランが2点を守る戦いにシフトチェンジしたこともあって、ボール支配率では明らかにバイエルンが上回るものの、まったく衰えることのない運動量を誇るガットゥーゾの中盤での守備、マルディーニ、ネスタの最終ラインでの奮闘の前に、バイエルンはゴールを奪うための、力強さとアイデアに欠けた。

互いにホームゲームで痛い思いをした準々決勝は、試合運びの巧みさで、ミランに軍配が上がった。



UEFA HPより。
崩れないミラン
…(前略)…ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾが見事なタックルでボールを奪い、バイエルンの反撃の芽を摘みとった。その後、右SBサリハミジッチは左MFレルとポジションを変更。クラウディオ・ピサロも登場したが、ミランは崩れない。

マンUとの対戦へ
ガットゥーゾの懸命なプレーに支えられたミランの中盤は、位置を下げて守りに入った。(中略)後半の数少ないチャンスでカカがシュートしたが、カーンの好セーブで阻止された。それでも、試合は2-0で終了。2試合合計でも勝利を収めたミランは、24日に敵地で行われるマンチェスター・ユナイテッドとの準決勝第1戦に臨むことになった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/492-0e9feee4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。