上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.07 黙祷
昨日夜のニュース・スポルトでも少し様子が伝えられたのを見ましたけれど、cataniaでの暴動で亡くなった警官の方の葬儀が行なわれたとの事です。
イタリア全土に生中継、各地で黙祷が捧げられたそうです。息子らしい小さな男の子もちらと映っており、痛ましさがつのるばかりです。

イタリアが泣いた!犠牲者の未亡人のスピーチ(セリエA情報サイト)
 スポーツは美しいものであって、暴力ではありません。暴力が生み出すのは、苦痛。とても、とても辛い苦痛なのです…という暴挙を続ける若者へ向けた、残された奥さんのメッセージが心をうちます。

 先日の世界ふしぎ発見では、サッカーのルーツとして、中国の紀元前に兵士訓練として始められたという「蹴鞠」があげられていて、びっくりしましたが、
 (今日本で見られる貴族の遊び風なものよりかなりハードっぽいものみたいですが)
 (2004年国際サッカー連盟に、サッカー発祥の地として認定サッカー博物館もできたそうです。)
 サッカーという競技には、元々戦士の体力作りや、戦闘シュミレーションの意味合いが強いという面はあったかもしれないけど、今回みたいなピッチ外での暴挙とはもちろんなんの関係もないでしょう。

 スポーツとしてサッカーを愛する大方のファンのためにも、まずはセキュリティー対策を。イタリア社会の何か鬱屈とした暗の部分が噴出した現象としては、政治や社会の大きな変革が必要なんでしょうね。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/464-d9961e51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。