上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え、フィギュアスケートの真央ちゃん、銀メダルだったの?転んじゃったんだ、とか、
サッカーのクラブワールドカップ、バルセロナが優勝じゃなかったんだ!とか、間の抜けた反応ですが、(今やっと録画を見てるんです。17才アレッシャンドレ君、かわいい~~、うまい~)週末からあわただしくて、軽く情報の時差ぼけ中です。

さて、先日、復活してくれた、ACミランのガットゥーゾ。
週末16日のフィオレンティーナ戦も出場なるも、試合自体はドロー。
 ジラルディーノの2ゴール(^^)vで、上向きのきっかけになるか、という希望もわくけど、ガットゥーゾ映像はほぼなし。。。(・・、) (それにしても、ジラのやったぜゴール!のこの頃の顔は、だるまさんみたいな、おもいっきりのへの字の口で面白いです(笑))

 でも、復活後初めて伝わってきたこの彼の発言…!(下記にも紹介)

 そして、ミランのガットゥーゾが父と共に水産業を開始というニュース!!
 彼の故郷カラブリアは、失業に苦しむ人が多いんだそうです。イタリアも経済の地域格差(南の方が悪い)が大きい国だそうで…。
 世界的なスポーツ選手には、慈善活動をする方が多いですよね。彼のこの事業も失業者に働く場を、ということなんだそうです。
 どこかで本業に集中できてなくて結果が出ないんじゃ、なんて書かれ方をしてるのを読みましたが(彼の事だけをさしていったんではないですが)、
自分の事だけ考えるんじゃなく、いうべき事はお偉いさんにこびずに語り、名声に驕らず、生活=仕事=サッカー、という生き方してる彼を心から尊敬します。 

Goal.comより
16/12/2006 15.03  ガットゥーゾ:
「今のミランにはアイデンティーがない」
(ラ・スタンパ紙)


「補強が必要だったんだ」

zoom - galleria
彼ほどクラブの意向を気にすることなく、自らの感情を表に出しながら、ミランの危機に関する理由を正直に列挙した選手はいなかった。MFガットゥーゾは次のように語っているのだ。

「こういうシーズンなのさ。ゴールマウスに嫌われたという言い訳はある。でも、正直に言って、今のミランはここ数年のチームと違う。アイデンティーがないんだ。理由?まずはペナルティーのことだね。それから、準備が十分にできなかったこと。W杯の影響もあるだろう。僕らはもう少し補強を望んでいた。チームは高齢化しているしね。こういった小さいな問題が、去年までのチームのようになれない理由となっているんだ」。

ガットゥーゾの発言を追うかのように、アンチェロッティ監督も「ゴールマウスやペナルティーのことを言い訳にするのは正しくない。今は困難を失くしていこうとしなければいけないんだ」と短く語る。だが、1ヶ月前から慎重な姿勢を崩していない補強については、同監督はコメントを残さなかった。





ミランのガットゥーゾが水産業を開始

 ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾが水産業に進出し、父親とともに魚介類の洗浄施設を作ることを決意した。27日にはオープン記念のセレモニーが行われ、ガットゥーゾが自らテープカットを行う。

 ワールドカップ優勝メンバーの一員でもあるMFガットゥーゾは、コリッリャーノ市の活動の中心となるオンルス・フォルツァ・ラガッツィ基金に資金とエネルギーを提供したのに続いて、新たな企業活動に乗り出した。この地域の経済に新たな刺激を与えることに加えて、失業に苦しむカラブリアの住民に、安定した労働の機会を与えることを目的としている。
「もうずっと前から、家族と一緒に、生産施設を建設する可能性を考えていたんだ。これはコリッリャーノとその周辺地域にとって、慢性的な悩みとなっている失業問題の改善に、具体的な形で貢献するための生産活動だ。基金では素晴らしい結果が得られて、困窮している人々を助けることができた。今度はこれに加えて、仕事を提供することで周辺地域の経済構造に刺激を与えるような商業活動を始めることを決めたんだ」

 セレモニーには、州評議会のアガツィオ・ロイエーロ議長、マリオ・オリベリオ県知事、ロッサーノ司教区のサント・マルチャノ大司教、イタリア工業連盟州支部のウンベルト・デ・ローゼ支部長らが出席する。

(C)SPORT

サッカー

[ スポーツナビ 2006年12月19日 11:43 ]



って事で、ガットゥーゾにまたほれなおしちゃった、記事2つでした((∩。∩;)ゞテレテレ)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/426-c3f0b7fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。