上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACミラン公式のガットゥーゾ復活の記事、やっとこちらの日本語版にも出ました。

2ヶ月と言われていたのが、1ヶ月と5日での復帰…いくらトレーニングが上手くいったとしても、トリノ戦の復帰はやっぱり、ちょっと無理しての復帰の気がする。。。
 早い復帰は嬉しいのはうれしいけど、それ以上にそういった無理が後々たたらないように、と祈るのみ。
 そして、一刻も早い、【チーム自体の復調】をのぞんでいます!

おかえり,リーノ
2006/12/11 16:53:00

左膝の捻挫から1ヶ月と5日。リーノ・ガットゥーゾがピッチへと戻ってきた。ガットゥーゾは復帰までの期間を早め、彼の名前を呼びながら拍手を贈るサポーターの前へと姿を現した

11月5日のアタランタ対ミラン戦のことだった。リーノ・ガットゥーゾは負傷のために途中交代を余儀なくされた。初診からケガについては明らかになっており、左膝の捻挫で復帰までは約2ヶ月間を要すると見込まれていた。

だが、1ヶ月と5日後、リーノはピッチへと戻ってきた。大急ぎで復帰期間を早め、彼は再び試合へ出場できるようになったのだ。試合前のウォーミングアップ中にカラーゼが負傷し、カカーとアンブロジーニも欠場。さらにはジラのPKがポストに阻まれるなど、またもや不運に見舞われたミラン対トリノ戦で、唯一ポジティブだったと言えるのが、ガットゥーゾの復帰でミラン中盤にハートと筋肉がもたらされたことだったのだ。

彼が必要だったのは、みなが知っていた。誰もが感じていたことであり、ガットゥーゾがピッチに入る際、ファンは彼を歓迎しながらエールでそれを示していたのである。ミランの特徴、そして気迫を体現するガットゥーゾを迎え入れながら、ファンは「ジェンナーロ・ガットゥーゾ、オーレ!」と歌ったのだ。

リーノは復帰までの時間を早めてくれた。これは継続的に、そして集中してミラネッロで行ったトレーニングの賜物であり、1日5時間の練習の賜物であり、そしてチームの役に立ちたいという意欲の賜物である。彼を起用できるのはクリスマスの後、1月になると思われていた。しかし、リーノはトリノ戦で予期せぬ招集を受け、周囲を驚かせたのだ。そして、彼はそれ以上のことを実現した。後半16分、グルクフに代わって彼は試合に出場したのだ。

リーノのスピリットはすぐに見ることができた。ピッチに入るとともに、彼はチームメートを鼓舞し、すべてのボールと対戦相手に向かって走り始めたのだ。もちろん、まだベストコンディションではない。だが、それもじきに訪れることだろう。おかえり、リーノ!



 (ところで、この日本語訳、今一へんな感じの日本語です、いつもだけど。日本語人スタッフってサイト製作にかかわってないんだろうな。
 でもイタリア語の記事を翻訳ページで訳すと、もっと訳がわからない文章が出てきます…!
 わからなすぎて笑えちゃうほど…なので、いつも大人しく日本語版のアップを待ってるわけですが。(大体1日~数日、新着ニュースアップが遅いのです)
 英語→日本語だとそれほどでもないのですが、やっぱ無料翻訳の限界なのか、イタリア語自体が日本語にしにくいのか…?)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/422-c6451ac9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。