上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.14 また新ドラマ
時効警察
 金曜夜にぴったり、軽いテイスト、テンポもいいながら、お茶の間でほよよ~ん、として楽しめる感じで、更に素朴テイストなオダジョや、かわいくて元気なお龍さんだった、しずかちゃん(麻生久美子さん)もよかった。
 深刻なシーンもなさそうだし、こういう肩の力抜いて見れるドラマって近頃なかったなぁ、貴重です。楽しかった!

出雲の阿国
 原作を知らないので、そうか、こういうストーリー展開なのか、とまずはフムフムモードでした。
http://www.nhk.or.jp/dodra/ 阿国役の菊川さんのスタパでのお話を聞いたばかりだったため、新選組!の時の芸鼓・幾松とは違って、芸を極めるために恋も挫折も肥にして夢を追って行くような、たくましい女性なのかなぁ、と思っていましたが、
まだ導入部の1回目なので、孤独や寂しさやコンプレックスが根っこになり、一人の恋する女性として舞っている女性でした。これからどう成長するのでしょうね。

 恋人な堺さん(三九郎)は野心もあって、女性にとっては危険な感じだなー(^^;; 鼓のレッスン頑張っただけあって、ちゃんとあってましたね、あの声の吹き替えにはビクッとしたけども。あの顎の形からあの声は無理だろう…みたいな(汗)
でも本格的なほうがいいですもんね、あの阿国が恍惚としちゃうくらいだから。

このドラマの描き方だと、神にささげる舞[神楽?]から入るからでしょうか、祭りの常ならぬ場面で踊るからでしょうか、
阿国の踊りに関する感性はシャーマニズムに近いものをイメージしてるようですね。(え?違う??よくわからないけど…(^^;;)
いい役者は憑依体質…という美輪さん発言も聞いたばかりなので、舞踊家もそうかなぁと思ったりしますが、これから歌舞伎の創始者としてどんな阿国が見られるか楽しみです。

で、
あと新ドラマはいくつだ?
今日の「氷壁」の山本太郎さん石坂浩二さん吹石一恵さん
日テレ、水曜日の「神はサイコロを振らない」の小林聡美さんや山本太郎さん
…ですか。
なんと1月は、火曜以外、すべて見てみようか、というドラマがあります。。。一日2本っていうのはキツイですね。
うーん、どれが私の中で生き残るか、ですが、とりあえず来週までは頑張ろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/254-feb3f93f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。