上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.14 計画停電
朝から計画停電に備えて、眠れず寝不足、様々な事態を考えて用意しながら、余震にドキリとし、
日頃当たり前につかている電気のありがたさを思い知ります。

夕方も停電に備えていましたら、どうやらここは回避?ということで、久々にブログを書いています。

電車が限られるせいで、駅までの道は、日々の通行料の何倍もの人が遠くや、違う路線の駅から歩いてきていました。電車通勤の方はほんとうに大変だと思いますが、もくもくと歩く姿は、静かでさえありました。

震度5のこの地でさえ、倒壊の危険のあるビルがあって、警備員が交通誘導をしていました。

テレビ・ラジオの報道で日に日に、時間がすぎるほどに、被害の深刻さと、原発の事故の恐怖と、この災害のものすごさを知ります。

震源からは遠いのにあんなに恐怖だった地震、そんな気持ちでいるとき、日頃応援してるサッカー選手たちの被災者へのメッセージを見聞きすると、ほんとうに嬉しく、そのたびに涙します。
長友選手や槙野選手、内田選手を始めとする海外移籍組みの選手、日本にゆかりのある多くの海外選手、インテルやミランなどのクラブからのメッセージも続々と…。
被災している方が早くそのメッセージを見聞きできますように。

そして、日本人の優しさやすばらしさを海外から教えられ、誇りに思い、これからもその気持ちで頑張りたい、という思いを新たにします。

世界各国からの支援も思いもほんとうにありがたい。
一人でも多くの方が助かりますように。

稲本選手から
「2011年3月14日(月)東日本大震災。

やっとネットが繋がりました。
まずは今回の地震で被災された皆さんに、お見舞い申し上げると共に
亡くなられた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

TVなどで被災地の状況を見ると、ほんとに言葉がないです。
あの状況を見て、簡単に『頑張って下さい』って言うのは凄く心が痛い
ほんとに無力だと感じます。

僕たちは今やれる事を、全力でやるしかないです!
いつ始まるか分からないですが、試合に向けて一生懸命練習をし
難しいかもしれないけど、試合を一人でも多くの被災地の人達に見てもらい
その姿を見て、元気や勇気を持ってもらう事!

なんらかの形で募金や、チャリティなどに積極的に参加し
個人では、節電 節水をする。

ほんまに今日本中が一つになることが必要だと思う。

みんなで力を合わせて、この状況を抜け出そう!!

     イナ」

3月の代表戦開催を主張するザッケローニ「サッカーが日本を助ける」
 家族と会うためにイタリアへ帰国した日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが13日、ローマのフィウミチーノ空港に到着した。

 UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ経由でローマに戻ったザッケローニは、地元メディアのインタビューに対し、「サッカーが日本を助ける」と話している。

「日本は、この恐ろしい災害から復興することができる。そして、サッカーが貢献を果たすことができる。私はそう確信する」

 さらに、開催が危ぶまれている3月の2試合のテストマッチについては、日本サッカー協会副会長の田嶋幸三氏に、「国のために、モンテネグロとニュージーランドとの2試合を中止しないことが大切だ。サッカーが日本の復興を助ける。もちろん、試合会場の安全を確認する必要があるが、この点では、日本人はとても厳格である」と主張していることを明かし、最後に、「今週中にも東京に戻るための用意をしてある」とすぐに日本に戻る意向であることを強調している。

初スタメンのマジョルカ家長「困難に立ち向かう日本の皆さんを誇りに思う」

フェイエノールト宮市も日本へメッセージ「一人でも多くの命が救われますように!!」

ジーコが日本にエール「人命は最も尊いもの。一人でも多くの人の無事を願う 」

長谷部とリティ、日本の大震災にショック「サッカー選手として出来る限りのことをしたい」

オシムさんより地震お見舞いのメッセージ




松井選手、被災地へ勇気を送るゴール!

VANNES - GF38 投稿者 Ligue2
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/1237-076337e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。