上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ、決勝トーナメントにいけるかどうか、のデンマーク戦が明日未明に!!


102221961.jpg


考えるだけでドキドキしますね~、みんながんばれ!


一度寝てからおきよーかな、と…あ?その前に、これも
イタリアが勝ち残れるかどうかの大一番が今晩11時から!!!


イタリア、追い詰められてる中、ガットゥーゾ、ピルロの先輩格が
スタメンになるかも、と聞いては、見なければ!
102292735.jpg


イタリア不振脱出にベテラン優勝メンバー起用へ
 【W杯南アフリカ大会・F組イタリア】
 2戦連続引き分けと低調の前回覇者はメンバーを入れ替えることが濃厚だ。



 スロバキアに勝てば決勝トーナメント進出が決まるが、引き分けなら微妙な状況。

 左足の負傷で過去2戦を欠場した司令塔ピルロは22日の練習に復帰したばかりだが、
 リッピ監督は「いろんな選択肢を大事にしたい。選手のコンディションなどを考えて決めたい」


 と語り、ピルロを今大会初起用する可能性を示した。
 中盤はマルキジオが機能しておらず、練習ではここまで出番のない


 ガットゥーゾもスタメン組に入った。不振脱出の切り札として、
 前回優勝メンバーのベテラン2人に期待が高まっている。


  2010年06月24日 13:04



後がないイタリア、3トップを務めるのは?2010年06月24日11時32分 / 提供:Gazzetta.it.

後がないイタリア、3トップを務めるのは?2010年06月24日11時32分 / 提供:Gazzetta.it.
24の南アフリカ・ワールドカップ、グループリーグ最終節でスロバキアと対戦するイタリア。パラグアイ、ニュージーランドとの2試合が連続してドローに終わり、勝ち点わずか2のイタリアにとって、決勝トーナメント進出が懸かる重要な一戦となる。イタリア代表は23日、最終練習を行ったが、冒頭の15分間を除いてこの日も非公開となった。

“ミステリー”なのは、攻撃陣の構成だ。ほかのポジションはある程度確定しているからである。守備に関しては前の2試合と同じになるだろう。ゴールマウスはフェデリコ・マルケッティ。ディフェンスラインはジャンルカ・ザンブロッタとファビオ・カンナヴァーロ、ジョルジョ・キエッリーニ、ドメニコ・クリッシトだ。中盤では、ジェンナーロ・ガットゥーゾ起用の可能性が高まっている。彼がダニエレ・デ・ロッシ、リッカルド・モントリーヴォと一緒に出場するはずだ。

ふくらはぎの負傷から復帰したMFアンドレア・ピルロは、フィジカルについては回復している。だが、2週間前からチーム練習をしていない影響は感じられる。万全の状態でいられないのは当然だ。

一方、前線に関しては分からないことがたくさんある。フォーメーションに関してではない。マルチェッロ・リッピ監督はすでに4-3-3で臨むことを決めたようだからだ。ただ、その3トップを誰が務めるかが分からないのである。

中央のポジションは、アルベルト・ジラルディーノとジャンパオロ・パッツィーニの争い。ここまでのジラルディーノは落胆させる結果に終わったが、パッツィーニもニュージーランドとの第2戦で、わずかな出場時間だったものの、輝くことができなかった。ただ、スタメンとして完全なるチャンスが求められるところだ。伝えられる情報では、パッツィーニがこの日の練習では使われたようである。

右サイドはヴィンチェンツォ・イアクインタかファビオ・クアリアレッラが入る。イアクインタはサイドでの運動量が豊富だが、クアリアレッラにはシュートがある。ここまで、イタリアの前線があまりに使って来なかった武器だ。一方の左サイドは、アントニオ・ディ・ナターレが初の先発出場となるのではないかだろうか。だが、イタリアはドローでも決勝トーナメント進出の可能性がある。そのため、もしもよりコンパクトにするのであれば、より戦術バランスをもたらすことができ、イアクインタのように両サイドでプレーすることができるシモーネ・ペペの起用もあるかもしれない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shieikan.blog9.fc2.com/tb.php/1156-77dfdae5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。