上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金じゃないのね、やっぱり…という、お話。
【移籍コラム:カネでは買えないもの2009年06月30日21時49分 / 提供:Goal.com】


日本代表の松井大輔のフランス・リーグアンのグルノーブルへの移籍は、
 オシム氏を千葉へ招聘した、現グルノーブル代表の祖母井秀隆氏の人間関係の賜物だった、という。

『今回の入団会見で、松井はクラブから寄せられた厚い信頼を加入理由のひとつに挙げた。その信頼こそが、祖母井代表が最も大事にしてきたもの。それは決して、移籍市場で飛び交うどんな高額な移籍金でも買えないものだ。』

 うんうん、そうだよなぁ。前所属チームでは、オーナーには、色々いやなこといわれた上、思うような出場の機会を得られず、、ともきく松井選手。

 このコラムにもあるように、同じリーグ・アンのシュタット・レンヌに今月移籍した、
稲本選手も、『選手として必要としてくれるチームでやる事は何よりも幸せな』と、
チームからの信頼こそ、移籍の決め手となったんだだなぁ、とわかります。

 中村俊輔選手を含め、W杯出場を切望するどの選手にとっても、この時期、新天地での成績を出さねばならない、という高いリスクを背負っても、移籍を決意するのには、それぞれすごい決意がいった事は簡単に想像がつく。それでも、たくましく、前のめりに、どんどん突き進む日本の選手たち、頼もしいですヽ(*^^*)ノ
 
 話しはミランに飛びますが、給料減額に率先して応じてまで、ミランに残留するリーノ・ガットゥーゾも、クラブからの信頼を実感しているからこそ、なのでしょう…ね。
 でも、ヴォルフブルクのゼコは、ミランのあつーいラブコールを、結局受けることはなかったようですが、ありがたいと思うラブコールでもうけられないこともあるんです…ね。契約があるものね。。

 で!かわりに誰をとるのかなーー、ミラン。
 ガリアーニ副会長さん、カカーを手放したニュースの頃はなんでーーー??とけっこう反感持ったけど(^_^;)、その後を見てると、こりゃあ、ほんとに大改革しないと、ミラン経営も、ミラン再生も無理なんだな、と日々実感してきて、毎日毎日、説明し続け(正直にかどうかは別としても)、マスコミに対応する姿を見てると、イタリア人なのになんてよく働くんだ、と関心してしまいました。激職ですな…まさに。。。

 補強という面でも将来の展望という面でも、きっとまだまだ、心配な状況なんでしょうが、選手を含め、ミランのみなさんがまずは健康第一で新シーズンを迎えてくれますように(^_^;)

で、コンフェデの優勝を、ミランファンに捧げてくれた、という、カカー。
 イタリア惨敗のあと、はしゃぎまくるあの笑顔を見ても、やっぱりミランの仲間だったときのようには、いっしょに喜んであげられなかった所があるんですけど(苦笑)、カカーはやっぱりいい子ね(笑)
 カカーもミランファンの愛と信頼を一身に受け止めてきたんですものね、そうして成長したカカーが、これから更なる目標に到達していく姿は、きっとミランファンにとってもほこらしいものに、なるよね!
スポンサーサイト
2009.06.28 見本?
ガットゥーゾ、給料減らしてもミラン残留希望  2009年06月28日08時22分 / 提供:FOOTBALL WEEKLY

ミランのイタリア代表MFジェナーロ・ガットゥーゾ(31歳)がサン・シーロで引き続きプレーするために、年俸の減額を申し出たことがわかった。

カルロ・アンチェロッティ前監督のチェルシー入りで、プレミアリーグのクラブへの移籍がささやかれるガットゥーゾだが、あと2年契約が残るミランに残留するために、ペイカットも辞さないという。

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、「水曜日の夜にガットゥーゾと食事をしたんだが、年俸を減らしてもかまわないと言ってきたんだ」と説明する。
「契約はあと2年残っているが、年俸を下げることで、3年契約にするということだ。ガットゥーゾはみんなの手本となる選手だ。本当にすばらしい男だよ」


給料カットを自己申請、で、ガリアーニさんからべた褒めのガットゥーゾ(^_^;)、
こんな事の言いだしっぺになると、
労働組合員からは、取り囲まれそうな感じですけど(笑)、

まあ、前もリーノが給料カットに応じる気持ちがある、という
話は報じられていたっけな。。。

はるか昔、よく通学に使うバスやら電車が
春闘ストっていうのをやってました。(バブル崩壊のずっと前)

わーい、授業が休みだぁ♪なんて無邪気に喜んだ事もありましたが、
会社存続の危機だったら、ストなんて事やってられなかったんだろうなぁ。

と思うと、あの当時のうちの近所のあのバス会社より、
そーんなに、ミランはおいつめられてたのか…と、
この所の移籍ニュースでの値切りテク?やら、
ぼやきを目の当たりにすると、日々実感します。

(まあ、我がガッちゃんが、ミランを、そのファンをとっても愛してる、
 恩を忘れない超いい人!!!!だからかもしれないけど?(^▽^;))

とにかく、今のガッちゃんのモチベーションは、お金でない事は
確か……前から、自分でも言ってました。

そして、今、ミランでプレイする事を選ぼうとしてるんです。
たぶん、これから変わっていく、変わらないといけないミランでの
自分の位置、役割も、見据えての、残留希望ですよね。

なら、安心して、私もミランのファンでいられます♪
りいのは心配がほしいな。
天衣もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「りいの」が書きました。
暑い!!おきたら超肩こり、と思ってる間に、胸と背中をぐるっと、つった!
どうやってそんなとこをつるのか、と言われそうですが、
とにかくつりました、というか、一日治らないんでつったというより、筋肉痛??

というので、ぐったり過ごしてしまいましたが、
こんなときには、元気の素!

かっこいいガッちゃんの写真で、
癒されよう♪

コンフェデ、エジプト戦のガットゥーゾ
サッカーは何が起こるかわからない、とか、よく聞きますが、
そおいうのを実感した試合がいっぱいの数日でした。

南アフリカ・コンフェデのイタリアの惨敗、に始まり、
AFCトーナメントでのガンバ大阪が川崎に逆転負け、
コンフェデ準決勝でスペインがアメリカに完封されて負け、……、

なかでもやっぱ、世界王者とみなされてる
スペインが2-0でアメリカに負けた今日のニュースには
「……へ??」
と唖然。じゃあ、イタリアがブラジルに0-3で負けても
そんなショック受けなくていいんじゃ?
という、なんだかよくわからない安心感が出てきたり(笑)

そういうほど、アメリカがどういうチームなのか知ってるわけではないのに、
ましてや、試合を見てたわけでもないのに、
誠に失礼な言いようです…すいません、ごめんなさい。

とにかく、勝敗は運も含めて、勝つか負けるかは、試合が
始まるまでわからない。イタリアもミランも、これからが勝負です。
あ、日本もどれだけ、成長できるかですよね。

それと!!
川崎は、やっぱり、中村憲剛選手、すばらしいですね!
(昨日BS朝日も見てたけど、今、NHKBSでの録画を見ていますが、
ほんとすごいね。)
彼のパスは、能力高い仲間とやるほど、その選手の能力を更に引き出す!!
サッカー脳というのか、判断力のすごさ、思考がクリヤーなんだろうなぁ。
それが実感された、昨日のAFCトーナメントでした。

遠藤もいっぱいいっぱいで頑張ってて残念だったのですが…。
優勝して、バルサとやりたかっただろうなぁ。。と思うと悔しいだろうなぁ。

しかし、中村憲剛、遠藤、中村俊輔、と3人そろった日本代表は、やっぱり
けっこうすごいんではないの?

あとは私の好きな、稲本選手と、松井選手と、駒野選手と、内田選手と、
中澤選手と、安部選手と、トゥーリオ選手と、長谷部選手を呼んで
くれれば …え?ポジションがかぶってる?(笑)

あ、FWがいないですね、
岡崎選手いいですよね、でも、もちろんモリモートーは是非呼んででもらわなくては!

なーんて、ぜんぜんわかってないもののたわごとですが、
私も日本の選手の名前をこんなにあげられるようになったか…と、
2006年W杯当時、まっさらだった自分を感慨深く思い出します。(^_^;)

アッズーリもこれから、色々たてなおしです。
思えば、最初に頂点を見てしまった私、どうよれよれになり、どうたて直すのか、
それをハラハラしながらも楽しみにしています。

年令高い選手が多いからミイラとか(ひどい!)色々言われてますけど、
ガッちゃんだってはっきりいって、復帰が危ぶまれた大ケガから
戻ったばかりなんだから!
変わっていくアッズーリにどう組み込まれるかわからないけど、
どこでどうプレーをしようと、
ファンとしてはガッちゃん精神をなくさずプレーを続けてくれれば、
嬉しいです。
結局、ガットゥーゾに出場の機会はなかったわけですが、
ベンチで戦っていたはずの彼、敗戦への気持ちは、ピッチに上がった仲間と同じでしょう。

カカーはピルロやガットゥーゾと試合後話したんですね↓
ピルロは連れて行かないでほしいけど(^_^;)
彼らの悔しさは推して知るべし。という所かな。

リッピ監督も「悲しい」と…(ノ△・。)

ガチンコでスペイン、ブラジルとやりあえるアッズーリを待っております。

 寝不足の私の今日の夕食は、鶏胸肉でした。
 先日、どこかのテレビでやってましたが、一番疲労回復にきくのは、鶏胸肉なんだそうです。
 お金はたっぷりあるかもしれないアッズーリのみんなも、今日は、お手頃価格の鶏胸肉食べてくださいね!(^^;)

そして、中村俊輔選手は、スペイン移籍ですね。
夢に向って守りに入らず、あくまで戦う姿勢の中村選手、すごいな、がんばってるな!
楽しみにしております!


カカー:「マドリーにピルロを推薦する」 ブラジルの快勝には満足感 2009/06/22 10:29:13
21日に行われたコンフェデレーションズカップ2009グループリーグ最終節で、ブラジルはイタリアを相手に3-0と見事な勝利を収め、グループ首位で準決勝進出を決めている。MFカカーは試合後、ミックスゾーンでのインタビューで、次のように満足感を表した。
「試合の結果も、グループリーグを突破したことも、うれしく思っている。これからは次の戦い(南アフリカ戦)のことを考えなければいけないね。決勝でスペインと対戦できたら素晴らしいだろうな」

また、この夏にレアル・マドリーへ移籍したカカーは、ミランでのチームメイトだったMFアンドレア・ピルロの獲得をクラブに勧めるとコメントしている。

試合後、ピルロや(ジェンナーロ・)ガットゥーゾと話をした。もちろん、彼らは結果に落胆していたよ。でも、2006年のW杯でイタリアが全員にレッスンをしたってことを忘れてはいけない

ピルロ? もしも彼がミランを離れるなら、クラブに彼を買うように言うよ
ウィークディだし、おきるつもりはなかったんですけど、TVをつけっぱなしで寝てしまった…ら、始まっていた…ので、見始めたら、ガッちゃんは出てない…、で、あ、あれ?あれ~~~~~~、あっというまに、0-3…逆に眼がさえたあ。あ!!!トーニ→ジラ????!!!こ、ここで決めたら、あなたの人生はかわるわ~~、がんばって~~~!
解説・風間さんの解説、舌がなめらか、はぁ。。。この決まらなさは、日本代表戦を見てるときのようだ。。。ピルロが出したいのに、誰もいないらしい…確かに。カカーもういいから、今日は寝ててほしい!(;^_^A あと20分でどうするアッズーリ!
こういう展開だと、ガッちゃんは出ない…かなぁ? どうなるどうなる?(~_~;)


途中、心配そうに立ち上がってるベンチのリーノが映ってました…が、試合はもうどうにもならなかった…ですね、敗退でこのあと、リッピ監督どうする、どうする???よろしくお願いしますよ…。
おやすみなさーい(T_T) あまり寝れなそうだけど。(苦笑)
今夜(明日未明)の、コンフェデ、イタリア戦を前に、なんとか、記事書く人は、イタリアのミランから移籍していったカカーと元同僚の間やイタリアとの間に波紋を起そうと(おきてるが如く)記事をあげたいように見えますけど、

 反して、それに対するカカーのコメントは、やっぱカカーっていい子だわあ、というか、共に戦ったガットゥーゾたちとの友情は本物だったんだな、って感じる内容なんですよね、いつも。(^▽^;)
 下の記事にしても、記者のイタリア敗戦への批判に対して、ガッちゃんたち、アッズーリをかばってくれてるですもんね~~,イコール、カルチョへの批判でもあるのだけど、前からいってたもんね。

 確かに、上手く行ってない感じの前戦のイタリアだったらしいですが、今夜は、カカーのブラジルといい試合ができるといいなぁ、と思います。

 がんばれ、ガッちゃん、がんばれ、ピルロ♪♪
 フレーフレーアッズーリッ!
 ヾ(゜▽゜ゞ)( シ゜▽゜)尸_ 


カカー:「イタリアで戦術のすべてを習得した」 イタリア代表戦を前に元チームメイトを警戒2009/06/21 19:41:36

-エジプト戦で調子の悪かったピルロとガットゥーゾが批判されています。

「冗談でしょ。彼らはイタリア代表の歴史を塗り替えてきたんだよ。ドイツW杯を忘れてしまったのかい? あれは、3年前の出来事であり、1世紀前じゃない。
 残念だけど、カルチョには思い出がないんだね。
 彼らのようなカンピオーネ(最高の選手)は、コンフェデレーションズカップの1試合で調子が悪くても、批判されるべきではない。リスペクトが欠けているよ


-イタリア代表戦ではガットゥーゾからのタックルを警戒していますか?
彼は相手を傷つけるためのタックルはしていない。強烈だけど、悪意はないんだ。だから、相手選手たちは彼のことを敵として見るのではなく、ライバル視している。もちろん、スライディングは予想しているし、ファウルもあるだろうけどね」

-ブッフォンは、イタリア代表にとってこの大会が重要ではないと言いました。
「それは真実じゃないよ。イタリアはブラジルと同じで、フィールドに立てば常に勝利を求めているはずさ」

-カッサーノを招集しないリッピ監督が、批判を浴び続けています。
リッピ監督は偉大なプロの指揮官だよ。彼の独断で選手を選ぶことができる。カッサーノは素晴らしい才能の持ち主だけど、高いレベルでサッカーをするためには、才能だけではだめなんだ。他にも何かが必要なのさ」

-あなたはブラジルで才能ある若手と言われ、イタリアでトップ選手に成長しましたね。
セリエAは僕にたくさんのことを教えてくれた。戦術に関するほぼすべてをイタリアで習得したよ。フィールドの中でポジションを探すことを学び、どのゾーンにいれば決定的なシーンを生み出せるのか理解した」
きょうりいのは天衣はインタビューしなかった。
でも、りいのは気持ちも準備するはずだったみたい。
それでりいのが情報みたいな退団したいです。

*このエントリは、ブログペットの「りいの」が書きました。
稲本選手、移籍先は、おフランスでしたか!
公式での一報。 サンケイ
フランス・リーグアンの一部レンヌって…どこ?(笑) →ここだ。レンヌRennesの公式HP.今はこの↓
『歓迎』の文字と共に、イナモト選手のユニフォーむ持った写真が出ています。移籍記事もあります…が、イタリア語以上に予想もつかないフランス語…まいった!(笑)
 ようこそ、じゃなくて、歓迎…なんですね。中国っぽいな?(*^^)レンヌからの歓迎!
フランクフルト稲本が仏1部レンヌ移籍 ニッケイ
…… レンヌは今季も7位と安定した実力を持つ名門。早くから稲本の能力を高く評価しており、今年1月にも獲得に動いた経緯がある。さらに来季新監督に98、99年にG大阪を率いたアントネッティ氏が就任。新指揮官も、退任時にフランスに連れて帰りたいと望むなど稲本の力を買っていた。
 クラブ側は攻撃力にも期待しており、新監督もG大阪時代に攻撃的MFとして起用したことがある。現在のボランチよりも攻撃的な位置で、新たな力を開花させる可能性もある。2月のオーストラリア戦以来日本代表には招集されていないが、来年のW杯へ意欲は十分。イングランドのスピード、ドイツの強さに、フランス流の創造的な攻撃力が加われば、代表の大きな戦力としても期待できる。…


 レンヌは7位で今季終了ということで、歴史もあるよいクラブらしいし、よい道を選べてよかったですね。せっかく決まったんだから、日本代表に絶対返り咲いてほしい…!!ケガさえなければ、…ということが今季はあったので。。。
 しかし、リーグアンって松井選手関連のところくらいしかしらない…(^^; Goal.com日本語版にも、リーグアンの項目はなし。。。これからは、フランス語版Goal.comとか、みないといけないのか(イナモト選手、移籍のニュース)…あぁ、語学力のなさがますます痛い!
 放送も…公にはないよね?
 松井選手のクラブもルマン、サンテティエンヌ…ってやっとおぼえたら、でも移籍しそうだし(グルノーブル?)、あ、ミランから移籍しちゃったグルキュフはどこだっけな、ボルドーか…昔、レンヌにいたらしい!海外サッカー市場は忙しいです。

オランダ2部で活躍中、本田選手は、なんと、
ウォルフス、VVVフェンロ・本田獲り興味  2009.5.21 05:00
ってことで、長谷部選手と同じチームになるかも!
 うまくいったら、かわりに放出する選手がいるのかな、交渉中のFWゼコをミランにくれたりして(、と思ったら、ポジションが違いました(笑)
2009.06.19 あり?
ガッちゃん移籍は、誤解だった、とわかって、すっきりして出かけたんですけど、
携帯いじっている車中で、イタリアが負けたニュースを読みました!
(今朝は眼に入らなかった…ガッちゃんのニュースしか…(^_^;))

こりゃあ、困った、ブラジルとの一戦、カカーたちとやりあって
勝たねばなりません…うーん、うーん、オフシーズンだとは思えない、
この気をもむ日々はなんでしょう…。やせそう。
(↑うそです。金スマでやってた、骨盤体操、やろうかな~(^^;;。)。
2009.06.19 るん♪
よかったです♪これで朝からすっきりすごせるなあ。(*^^*)

ガットゥーゾ、チェルシー移籍を否定
代理人:「アンチェロッティとの関係は最高だが・・・」
2009/06/19 8:12:28


カルロ・アンチェロッティ監督の就任に伴い、チェルシーはミランから同監督の“愛弟子”たちを獲得する可能性が報じられている。FWパトやMFアンドレア・ピルロに続き、18日にはイギリス『デイリー・ミラー』が、MFリーノ・ガットゥーゾもチェルシー移籍を好意的に考えていると伝えている。

だが、ガットゥーゾの代理人ダミーコ氏は同日、イタリア『Blogosfere.it』のインタビューに対し、同選手が移籍を考えていないと報道を否定した。

「リーノの家はミランであり、今後もずっとそうだろう。選手の未来と、その選手と指揮官の関係というのは、それぞれ異なることだ。リーノは、アンチェロッティとの人間関係は素晴らしい経験だったと言った。だが、その言葉のウラを勘ぐろうなんて無意味だよ」

「カルロとの関係は素晴らしいものだ。だがそれは、ガットゥーゾがミランでの冒険を終わらせたがっているという意味ではない」
が、ガッちゃん!!!!
ガットゥーゾもチェルシー移籍を希望?
むむむーーーーーー!!!!
ガッちゃんはほんとにアンチェロッティ監督を尊敬してるんですね。。。パトも慕っているし、今更ですがほんとにいい監督なんだなぁ。
一方、ピルロは移籍の報道を否定?

私がサッカーにはまったのは、2006W杯で日本が負けてびっくり(←それまでほとんど関心も知識もなかったので)して、強くてイケメンが多い、と聞いたイタリアを注目したら、ガットゥーゾとピルロの二人に魅せられちゃった…のがきっかけです(笑)
日本代表のW杯予選を見て、あぁ、あれからもう、3年かあ、としみじみしている最近ですが、
ガットゥーゾとピルロが別々のチームっていうのが現実になったら、私にとってはカカー移籍以上の大ショック!!だなあ。。。。・・・(゜_゜i)・・・

代表にしっかり復活、よかったなぁ(゜ーÅ) ホロリ
代表戦でも又ピルロとガットゥーゾコンビを見れて幸せです。(写真だけでも…)
疾走中!


昨日、バルサTVってので、00-01シーズンのCLリーグの試合をやってました。
8年前のガッちゃんがプレーをしてました!!きゃああお、プレーは今もかわらぬ激しさですが、表情はういういしい感じですねぇ(*^▽^*)
こんな昔からミラン一筋のガッちゃん、できるならこれからも、ガッちゃんがいたい「ミラン」であってほしいんだけれどなぁ。。。(この時の監督はまだアンチェではありませんでしたが。)

でも、どこ行っても選手は応援できるし…と、ガットゥーゾファンとしては、
そこで落ち着くっきゃないですねーーー。
だってガッちゃんは、自分をすごく知ってる選手だと思うんで。
自分ができること、できないこと、必要とされる場所。。。。。そんな事を
しっかり考えて、彼がどうするのか、をただ待つのみです。
カカーが移籍、のニュースに、この数日、少なからず動揺しているミランファンの一員ですが、
 いくら心配しても、所詮、戦術もクラブ経営も論じるだけの知識も情報ももともともってない自分には、心配しようがない所があり、もう、あんまり考えるのやめよーーー、と思いいたった、怠惰なファンです(^^ゞ。
 世界中のファンに元気や夢を与えてくれるスポーツであるサッカーなんだから、
 こういう移籍の場面での選手の言葉の真意、なんて、さぐりだして、空しい気持ちにはなりたくないです。(さんざん、色んなニュースを読んで探った後だから、もういいですってことです…苦笑)

 しかし、まあ、サッカー界はまだまだニュースが目白押し。

 C.ロナウドまで、カカーと同じレアルマドリードに移籍決定になったとか…。
 どんだけお金あるんだ???あのクラブは…。ヽ(@◇@)ノ

 スポルトで使われていたC.ロナウドの映像がすごく人相悪いのが笑えたけど、
 こういう、一流選手を山ほど集めてみたい、っていう(ペレス会長さんの)気持ちはわかるけど、どうやら一回失敗したらしいではないですか。。。うまくいけば面白いでしょうが、こういうクラブでカカーはサッカーをのびのびできるのか、ちょっとまた心配したり(しない、と思ったのに(笑))。。。。

 とにかく今のご時勢、金満クラブしか、一流選手を持てないらしい。
 そんなサッカーは楽しいんだろうか。。。。まあC.ロナとカカーがすんごいあっちゃったりしたら、面白いんだろうけどな。
 今、一番!!と言われてるスペインサッカー、でも、イタリアカルチョがイタリアなりの楽しさを、来季も見せてくれることを、期待したいです。私にとっては何はともあれ、リーノが思う存分活躍できたらそれが一番なんですが(笑)そういうミラン、イタリアであってほしいものです。

 で、イタリアは、国際親善試合で格下ニュージーランドに苦労の上、勝てたそうです。
88405381.jpg
Italy v New Zealand - International Friendly
PRETORIA, SOUTH AFRICA - JUNE 10: Gennaro Gattuso of Italy reacts during the friendly match between Italy and New Zealand played at Super Stadium on June 10, 2009 in Pretoria, South Africa.
88400369.jpg
88400323.jpg

ガッちゃんの調子はどうだったんだろうか、まだ情報を見てない私です。4-3で勝利、ってことは、3点とられちゃったってことで、本人も悔しい結果なのかもしれませんね。

 水曜は、日本はW杯予選で格下カタールに引き分けに終わりましたが、面子がちょっと変わったり、試合条件が違っただけで勝てない日本は、まだまだやる事満載ですね!
 でも、松井選手のプレーを久々みれて楽しかった、移籍でもなんでもして、もっと活躍してほしいです。
ああああああ、やっぱりいっちゃうのね。。。。。
さびしーーーーー、
フットボール界ってこういうものなんだな。

リーノが昨年残った幸せをつくづくかみしめてみたり…
ありがとうリーノ!(^_^;)

というか、色々事情があるのは、もれきいているから、
カカーの真意、ミランファンへのちゃんとしたコメントを
待つのみですね。

もちろんクラブ側の説明も…。
新戦力を入れつつ、とどめる財力はなかった、という事なら、
いつか呼び戻す気があるのか、
未来のキャプテンとして期待する気持ちがあるのか。

そしてカカーに、ミラン式年功序列(次はアンブロ→リーノ)な
価値観はどう思われてるのか…

んーーー、考えちゃう、けど、行ってきます!!!
勤労意欲がなえそう…だけど、いやいや、そんな事はいってられんですね。
ではまた!(?)
 寝てる間に、イタリア代表の親善試合も行なわれてまして、
ガッちゃんも登場したようで、ほんとうれしいです♪♪♪

 最近のガットゥーゾの記事とか報道は、アンチェロッティー監督がいってしうと知った最終戦に、ドレッシングルームで多くの選手がないたよ、監督が出て行くからって、こんな事初めてだよ、それだけ愛されてた監督だった、チェルシーの選手も2,3ヶ月すれば、そうなるはずだよ、なんていうもので(ENGでそんなような事をMCがいってた)…それを聞いて、またウルウルしてたんですけど、やっぱり走ってるガットゥーゾの映像・報道をいっぱいみるのが一番です。

 嬉しいのは、久々登場ってことで、写真もどんどん出てることですよね、これが♪
 カメラマンさんたちも、よし、きた、撮るぞとるぞ、って気合い充分なのが伝わってきます=^-^=
アイルランドとの親善試合です、キャプテンマークのリーノ!
Italian midfielder Gennaro Gattuso (C) and defender teammate Nicola Legrottaglie (L) vy with Northern Ireland's foward David Healy (R) during their friendly football match on June 6, 2009 at Arena Garibaldi stadium, in Pisa. Italy team will fly on june 7 to South Africa for the Confederation Cup event.  
リーノ、がんばってまーす
Italian midfielder Gennaro Gattuso (R) a
なんてきれーな横顔かしら(*^^*)(もち左の人♪)
Italian national football team's coach Marcello Lippi (R) gives instructions Italian midfielder Gennaro Gattuso during their friendly football match on June 6, 2009 at Arena Garibaldi stadium, in Pisa. Italy team will fly on june 7 to South Africa for the Confederation Cup event.

 ミラン自体はまだまだごたごたごた…してますけど、ガットゥーゾが本調子に近づいている、ってことが、何より安心を与えてくれるんです…私には…ね!(笑)

イタリア代表、新戦力の活躍で快勝 北アイルランドに3-0  2009/06/07 6:44:09

6日に行われた国際親善試合で、イタリア代表は北アイルランドをホームに迎え、3-0で勝利を収めている。

コンフェデレーションズカップ出場を確約されたチームの主軸を別に発表していたリッピ監督は、この一戦でさまざまなテストを行っている。なかでもインテルDFダヴィデ・サントンは18歳でフル代表デビューとなっており、大きな注目を集めた。
(中略)
試合後、イタリア『ライ』のインタビューに応じたリッピ監督は、満足げにこのゲームを振り返っている。
いい結果が出て満足しているよ。選手はしっかりと応えてくれた。これがイタリアのサッカーだ
(中略)
また、久々の公式戦出場となったガットゥーゾ(ミラン)を先発させたことについても触れている。
「ガットゥーゾはうまくやったね。しかし、(ハーフタイムでの交代は)リスクを冒したくなかったからだ


 UEFAのHPによると、次のイタリアのW杯予選は、
2009/9/5 グループ 8 グルジア - イタリア  と、2009/9/9 グループ 8 イタリア - ブルガリア …ってことで、バカンス後、なんですね。こちらもがんばってほしいです!
2009.06.07 うれしい余韻
起きても、、日本代表の勝利のニュースを見るたび、うれしいです!
 余韻に浸って、駒野選手の記事♪→
 駒野:「準備はしていた」 直前の先発発表にも動じず2009/06/07 2:46:17
 改めて、出場決めれてよかた、ニッポン、ですが、若手含め色んな選手が出てきましたよね…。
Yuichi Komano  Uzbekistan v Japan - 2010 FIFA World Cup Asian Qualifier

 イタリア代表を見ても、ミラン中心しか見てない私には、聞いたことない若手も何人もいて(さすがに、サントンは知っているが)、この中でずっとレギュラーを取り続けていく人たちは、ものすごいんだよなぁ、と実感します。今までのリーノもしかり…。

 ニッポンも層が厚くなってきて、よろこばしいことこの上なし!ですけど、やっぱり、イナモト選手がいないのが…もちろん同じドイツ組みのハセベ、すんごいいいけど、イナモトーー、と叫んで応援したい私でした。
  ↓J'sGoalのニュースページに、た~~っぷり、な岡田監督インタビューが出てました。
 その中で気になったのは、やっぱ…しつこいかもしれませんけど、この部分でした↓
 

 Q:審判の今日のジャッジについては?
「レフリーのジャッジについては試合が終わっていうべき事ではないと思っています。ただ、私は監督生活の中で始めて退席になりました。選手に指示を出したつもりだったんですが、勘違いされた。よっぽどボクの顔が、表情が悪かったのかなと、思っています」


 やっぱ、あの退場、選手への支持が抗議にとられたらしい…それか、前へ出すぎたか…
 そういえば、ちょっと前、アンチェロッティも初めて、出されたけど、わけわからんって言ってた事があったなぁ。
 まぁ確かに必死の形相してるときは、どの選手も監督もおっかない顔だど…
 昨日の場合は、あきらかにあっちよりジャッジばかりなのを自分でも自覚してるから、の、被害妄想だったんじゃないか、とまで思える試合でした。
 そのわりに、第3?か4の審判までが、やけにすがすがしい笑顔(*^^*)で、
「おちつきなさい、あなた」、みたいに制すのが、しゃくぜんとせんのよね。。。まあ、今更だけど…(-。-;) 

 関係ないですが、ウズベキスタンはいつかいってみたい国です、歴史建造物とかすごいですし、美しいし…(ノジム君やお友だちの人柄見てると人もよさそう)現地にいかれたサポーターの方は観光の余裕はないのかな?と思いますが…いや、応援でいくサポーターの方ってつくづくすごいです。ありがたいよなぁ。。お疲れ様でしたヾ(=^▽^=)ノ
2009.06.07 衣(BlogPet)
天衣と、尊敬するはずだったの。
それで天衣で拝顔したかったみたい。
でも、天衣でコントロールするはずだった。
でも、天衣と位置したいです。
だけど、期待しなかったよ。
だけど、スペインサッカーに留学した?

*このエントリは、ブログペットの「りいの」が書きました。
いやあ、決まった、勝てた~、
ニッポン、世界一番乗りでの
W杯出場決定、おめでとうございまーーーーーーーーーーすっ!!!!!


日本代表、ワールドカップ行き決定!ウズベキスタンに勝ち、世界最速!2009/06/07 0:55:30


く、くるしかったよねーー、最後まで、今日の試合。。。(@Д@; アセアセ・・・


あ、駒野選手だ♪♪(インタビュー) …実は、影ながらファンです(笑)
予選初スタメンだったようです、内田選手がお休みだったのもあるのですが、
よかった、よかった、活躍が嬉しいです、ウッチーも好きなんだけど(笑)

でも、とにかく、みんな、頑張ってた、
色々あるこれからの課題はみんなわかってるみたいですけど、
とにかく今日は、ほんとに頑張ってた、よくやったわーーーーo(T^T)o

あ、で、これはやっぱりいいたいなっ、というのは、
審判にはブーイングしたい!
ブーイングは嫌いだけど、するなら、今日の審判にしたい…!

長谷部にレッド???監督退場?????アウェイチームの日本にはほとんどファール
くれないし、ホームのためには、バシバシとる…わけわっかんない。

ま、でも残りの試合もある、もっとレベルアップしてくれるだろう
ニッポン、を信じられると思います。

じゃ、ぐっすり眠ることにします(*^.^*)お休み…
 (で、おきたら、月曜のカカーの行く末がまた気になってしまいそうな
  あわただしい週末です(~_~;))
ミランにリーノがいる限り、ミランファンとしては、
来季も同じスタンスで、ミランの試合は楽しみ(ハラハラ度は減ってほしいが)だもーん。
と思っていましたが、

こうもカカー移籍のニュースが毎日入ってくると、カカーの行方が気になって気になって…
いや、それより今はW杯予選だろう、
ニッポン、明日はきめてくれ! 
勝てば一番乗りで予選通過だ、ここで頑張らないと、4位内目標、の掲げた旗が泣くわ!

ガットゥーゾだって、予選のための代表戦まじかなんだから、
落ち着いてケガ復帰後初めての予選に貢献してほしいです。

といった所に、
VIDEO MEDIASETにガットゥーゾのインタビュー動画が。

"Kaka? Dispiace"というこの動画がこの記事↓の内容なんでしょうかね?

ガットゥーゾ「カカはカネのために移籍するようなヤツじゃない」
2009年06月04日23時13分 / 提供:Gazzetta.it.
ミランのMFジェンナーロ・ガットゥーゾは、MFカカがレアル・マドリーに移籍すると見ているようだ。ガットゥーゾはブラジル代表の合宿に参加しているMFカカに対してメッセージを送った。

「まだ何も公式発表はないが、もしカカが移籍すれば、それは非常に残念なことだ。カカはカネのために移籍するようなヤツじゃない。クラブとしてみても適正な額のオファーを目の前にすれば、当然のように売却を検討するだろう」


 ってことで、また話題がカカーになってしまうのですよ…(^^;;

 慎重に発言するリーノ、ちょっと硬い面持ちです。
  まあ、どこいってもカカーの行く末は気になる人ばかりなので、
 聞かれるのはしょうがないのでしょうが……これってほんとに
 カカー移籍するって、ニュアンスの発言なの???わからん…。
   (ニュアンスも何も、まずイタリア語が)

 つい昨年、ドイツに行く寸前だったリーノとしても、答えようがないですよね。。。。
 彼も別にクラブを裏切るとかで移籍しようと思ったわけじゃなし、お金のためでもなかったし、
 
 ただ、カカーはイタリア人じゃないけど、ミランのキャプテンを夢見てる、とはっきり
 公言して、ファンも認めてた存在だから、
  え??いっちゃうの??っていうか、いくら借金まみれだからって、高く売れるからって
  出しちゃうの??
  ありえーーん!と思うのも当たり前ですよ。
 
 選手としての『場』が奪われるわけではないんだから、
 カカーとしては売られちゃう子、なんて意識は持たなくていいんだろうけど、

 ファンとしては、家の借金のカタに、売られちゃう子みたいに
 見えちゃったり…

 何より、やっぱりカカーはミランの未来の象徴(バンディエラ)だと信じてファンは
 応援し愛してきたんだから、やっぱりそれはないだろう、ベル、ガリ、フロント一同よ!

 でもあれか…何年かして、また戻ってきてくれてもいいんだろうか…
 どうなの?マルディーニのように生涯ミランってのは、そうそうない事だろうし、
 出てる間に、アンブロ→リーノとキャプテンやって、そろそろ引退ってころに戻ってくる?
 
 でも、その間に、ミランどうなってるんだろう。
 わからないなぁ。

 サッカーというか、フットボールっていうか、カルチョというか、それを見始めた2006年から
 ミランはずっと今のミランだったから、多少、入れ替わりがあったとしても、
 リーノなし、のミランはもちろん、カカー無し、のミランも想像つきません。 
この姿をずっと待っていたんですよ~

ACF Fiorentina v AC Milan - Serie A
FIRENZE, ITALY - MAY 31: Rino Gattuso (L) and Alessandro Nesta of Milan in action during the Serie A match between Fiorentina and Milan at the Stadio Franchi on May 31, 2009 in Firenze, Italy. (Photo by New Press/Getty Images)

リーノとネスタ
2009.06.01 めまぐるしい
いやはや、今季終了数時間には、バタバタ、とあっという間に、
カルチョ界っていうか、ミラン界は動きました。

フランコさんは、5月27日にもう、この記事をあげています。。。。。
もう、すべてわかってたってこと…なんですかねぇ。

UEFAのHPでも、ミランが欧州最高峰の舞台に復帰 そして、アンチェロッティ監督がミランを退団と記事をあげています。

そして、チェルシーがアンチェロッティーを招聘、と発表…

あぁ、めまぐるしい…。

このビデオを見ると、、、、、、
Ancelotti al Chelsea
L'ex allenatore del Milan si presenta sulle pagine web del club londinese. E parla in inglese

た、たしかに、監督、英語はまだまだ…(~_~;)
以前、ベッカムに、僕のイタリア語と同じ程度…って言われてたのがよくわかります(笑)
って、私、英語ぜんぜんだめなんですけど、その私でもカタコトエイゴ、ってことが
わかるくらいなので(爆)
50を前に、新天地でチャレンジ、語学もですが、思い切った監督、
尊敬します。。。そうだよな、まだまだ、色々やれるよね、勇気をもらいました♪
さよなら、アンチェロッティーかんとく~~!
FIORENTINA-MILAN: ANCELOTTI SEGUE LA PARTITA domenica 31 maggio 2009

いつまでも変わらぬ親愛を 2009/05/31 19:34:00
リーグ3位を達成して来期CL本戦へとチームを導いたカルロ・アンチェロッティが、
クラブとの合意の上でミランを去る。(公式)
フィレンツェ発〜彼の最後の試合となったフィオレンティーナ対ミラン戦後、
カルロ・アンチェロッティは以下のようなコメントを残した。

「クラブとの合意の上で、私たちはこの8年間の実り多きすばらしい挑戦にピリオドを打つことに決めた。ここで最高の日々を過ごさせてくれた全員、この長く喜びに満ちた時をともに過ごした人たち全員に感謝したい。プロとしての関係はここで終了するが、お互いに対する親愛の情、尊敬と友情はいつまでも消えないだろう。少しの気持ちの高ぶりがあるのは当然だが、涙する時期はすでに過ぎた」


公式発表:アンチェロッティがミランを退団! 2009年06月01日01時10分 / 提供:Gazzetta.it.
「来シーズン、わたしはミランの監督ではない。ミランとは、あと1年残っている契約を解除することで合意した。
来シーズンはイタリアに残らないだろう」

カルロ・アンチェロッティ監督は、8年務めたミランに別れを告げた。アンチェロッティが、すでに今シーズン限りでの引退を表明しているDFパオロ・マルディーニとともにミランを後にする。

「フィオレンティーナ戦後のロッカールームで、選手たちに退団することを伝えた」
マルディーニについてもアンチェロッティは話している。
「フィレンツェの人々はとても素晴らしかった。偉大な選手に敬意を表したからね」
イタリアでやり残したことは?
「ミランでは素晴らしい8年を過ごすことができた。全員に感謝したい」
ミランを退団したアンチェロッティは、チェルシーの監督になると見られている。




!!!!そ、そうなんだ!!!!あまりにも前から、報道で予告されてたから、

逆に最近は気にしてなかったんですけど、アンチェロッティー監督退任は

ほんとーだったんだ…、と逆ビックリです。


下の記事↓の、ロッカールームに若干の涙…のうちに、リーノは入っているのかな。。。
あ、ピルロでしょうかね、やっぱり。。。
仲良かった?のになぁ。。。

さびしいけど、マルディーニの引退と共に、
新しい出発に祝福を!


 【追記】→やっぱりリーノは泣いていたんですねぇ。Gattuso Cried For Ancelotti, そうなると、私も尚更胸が痛いわ…→下に記事全文。



レオナルド新監督誕生が確定 ガッリアーニ副会長が明言 2009/06/01 5:51:17

ミランは31日のセリエA最終節フィオレンティーナ戦に勝利したあと、カルロ・アンチェロッティ監督がクラブを去ると発表している(関連ニュース参照)。それに続き、同クラブのガッリアーニ副会長が、新監督に現フロントのレオナルド氏が就任すると明言した。

イタリア国営放送『Rai』のなかで、ガッリアーニ副会長は次のように認めている。
「レオナルドが来シーズンのミランを率いるのは事実だ。月曜日の正午、記者に発表されることになる」
「アンチェロッティとの関係は終わっていない。8年間の友情はこれからも続いていくよ。カルロは私の友人だ。多少の涙がロッカールームにあったことは認めなければいけないね
FIORENTINA-MILAN: L'ULTIMA DI PAOLO MALDINI 2009年5月31日
さよなら、マルディーニ、ありがとう!



FIORENTINA-MILAN: GATTUSO SI SCALDA 2009年5月31日
最終戦で、ピッチにあがるのを待ち焦がれるリーノ(ヒゲなしバージョン(*^▽^*))

FIORENTINA-MILAN: IL RITORNO IN CAMPO DI NESTA 2009年5月31日
おかえり、ネスタ!よくぞ戻ってくれました!!!


まずは、今季最終戦、0-2での、勝利、ミラン、おめでとうございます。

マルディーニキャプテン、今日で引退ですね、お疲れ様でした。

フィオレンティーナのみなさんも、○さまへの暖かい、ハグ、拍手をありがとう!!

そして、最終戦で後半途中、手術後の初出場、ネスタ選手、おめでとうございます!!
ブランクを感じない堂々とした姿に感動です。。。

そしてそして!!!
リーノ・ガットゥーゾも、本日は後半途中からの、
リーグ戦での、初復帰となりました!!!
よかった、ほんとーによかった!!


にっこにっこ、とってもさわやかに、ピッチワキで交替を待っていた笑顔が印象的のリーノ♪
あれ?と思ったら、おひげがないのね?少年のような…(*^▽^*)

この試合、前半0-0で、どうもうまくいってなかったので、あぁどうしよう、と
心配してましたが、

ベテランから新人まで、一丸となってキャプテンの引退の花道を飾れた事がすばらしい。

特に、どう見てもベストコンディションじゃない苦しい中、1点目とった、カカー!
軽やかに2点目とった、パト君!
君達が、ネスタ・リーノの、出番も作ってくれたんだよね。

しばしのバカンスをはさんで、来季のミランは、各世代のいいバランスで
よい試合を見せてくれると、期待できるのでは?といういいしめくくりでした♪

みんな、大変なシーズン、ご苦労様でした、ゆっくり休んでください。
(あ、代表戦は、それぞれのお国でがんばってね~)

--------------------------------------------------
 最後になりましたが、今日は日本代表も、ベルギーに勝って、
 キリンカップの優勝、おめでとう~!

 W杯予選、ウズベキスタンでのアウェイもこの調子で!!

 ノジムくんもやべっちにさっき出ていて、ウズベキスタンのサッカーファンの
間でのサッカートークをやってました、すごいのどかだった(笑)けど、
試合は厳しいものになるでしょう、がんばれ!!

 (今日は、ノジム君、昨年、大阪に留学していた事が判明、なんか、
  トーク聞くたび思うけど性格いい子だよね(笑))

 やべっちで、これまでの日本代表のW杯出場決定の歴史をやってました。

 特に、ドイツW杯後就任したオシム監督と共に歩み始めて花開こうとしていた
日本代表、道半ばで脳梗塞で倒れてしまったオシム監督、そして、
岡田監督就任の元で、結果をだすべき今、と見て、なんだか涙出てしまいました…(・・、)
 オシムさんに、『日本』のサッカーを見せられる、日本代表になってほしいなぁ、と
思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。