上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はAVウオッチに新選組!!(続編)DVD発売の記事が出てましたね、
すごい久しぶりにShinsengumi Express!!も更新でした。これからの更新はどんなふうになるの?ワクワクして待ってます。

サイトにはDVD発売ニュースと池松壮亮くん直筆のメッセージが。
撮影の様子、役への思い入れ、山本耕史さんや新選組!!への思いが書いてあって、じーーーんときちゃいますねぇ。
それにしても、鉄之助君役の池松壮亮くん、きれいな字ですね(*^▽^*)
高校受験真っ最中とか、インフルエンザが流行してるけど、かからないようにね~~がんばれーーd(@^∇゜)/ファイトッ♪
スポンサーサイト
毎日モーツァルト放送予定(一番下) ↓ は、ずっとココに掲載され続けるのかな?なら便利。
 明日のゲストはベルバラ作者でこの時代にも、音楽にも詳しい・今は声楽家池田理代子さんですね。モーツァルトがマリー・アントワネットをお嫁さんにしてあげる…といったのはよく聞く話ですよね。
(昨年池田さんの歌聞きましたが、ほんと力強いよい声でした、元漫画家という肩書きはもう言わなくていいなーと思いました!)
 
1/27BS2のまるごと入門!モーツァルトも楽しかったです。
 密かに?(笑)やまこーさんはいつ??と思ってうずっと見ていましたが、放送後の毎日モーツァルトの10分PRだけでしたよね。
 録画タイマーをうっかりPR番組前で切っていて「うわぁ」とパニックしつつ電源入れ直しましたが、頭が切れた状態…でも、再放送があったので助かりました(^^; いっぱい喋っていて満足?
【追記】山本耕史さん画像入りの紹介ページはこちら


朝、毎日モーツァルト・第1回で、山本耕史さんのナレーションを聞いて、しあわせー。
構成も前半はロケ映像と山本さんのナレーションでモーツァルトの色んなお話、後半はテロップのみで、美しい映像と音楽オンリー。これが毎日なんて、すごいぜいたく!
 しかし毎日録画って事は、ダビングもちょっと大変、DVDは発売されないんだろうか…なんて思ってたら、こんなニュースが。

4th MEDIA、NHKの新番組「毎日モーツァルト」を放送翌日にVOD配信 Broad Band Watch 1/30より。

 ぷららネットワークスが運営するフレッツ向け映像配信サービス「4th MEDIA」は、NHKが1月30日から放送を開始する音楽番組「毎日モーツァルト」のVOD配信を2月1日より開始する。料金は月額1,050円で、第2回以降は放送翌日に配信を行なう。
(中略)
 また、モーツァルトにまつわるエピソードを紹介するコーナーも設けられ、番組案内役は俳優の山本耕史。(後略)



ぷららでの説明はこちら。

 って事なんですけど…、VOD…ってどんなの??(^▽^;)
ビデオデータをダウンロードできるってこと?あーん、すごい便利で嬉しい事なのかも知れないけど、どういいのかが、わから~ん(悲)
いつもきっちり更新のウルフ通信がまだですね…。
ウルフアナ、海外出張中とか?あ、このご時勢、メールさえ使えれば更新できるか…。
もしやご病気でしょうか,大丈夫かな。
病気だったら、みんなといっしょに、
明日(もう今日ね)の毎日モーツァルト(のナレーション)で癒されて下さいね~、
…って私がその時間、癒されるほどしっかり
起きて聴いてるかが微妙だな(^-^;

毎日モーツァルト 1回目の放送は…。

- 天才音楽家の誕生 -

「ディヴェルティメント ニ長調 K.136(ザルツブルク・シンフォニー)第2楽章」

      (演奏)ストックホルム室内管弦楽団
      (指揮)フランツ・ウェザー・メスト
                              
       【出演】(作曲家)池辺晋一郎
       【ナレーター】 山本 耕史
2006.01.29 いやされたよ
昨日は、12人の優しい日本人を、WOWWOWでみる事ができました。
 チケット争奪戦に負けた私には、待ちに待った日でした。

TV前でほんとに笑いましたし、ドキドキしたし、楽しかったです。
舞台の楽しさ満喫、という作品でした。それに、
あの陪審員制度についても考えさせらたし…。

でも基本はやっぱり笑い…元気になりました!

舞台が始まる前に三谷さんが出てきてお話してくれましたが、
最近はこういう事してないそうですよね。
(前もインタビューで言ってましたが)

いつものように笑わせてくれ、でも、生中継だからと言って、
「ハプニングを期待しないで」と言ってました、
皆、舞台のプロがやってるんだから、と。

その通り、というか、初めて見る私には、わからなかったのかもしれませんが、細かい事はともかく、皆さん、完璧だったんではないかなぁ。

カメラアングルとかも、適度にアップもあり、ちゃんと12人の動きもわかるし、ほんとによく計算されてると思いました、
撮った方、すごいですねぇ。(って、プロはさすが、というべきですね)
土スタ、すこーしマチベンの主人公・江角さんといっしょに
見えてましたね、やまこーさん。
あの背広は彼にしては珍しく着やせしないデザインですね。

それにしもとっても寒そうでした~震えてたようだし、耳が赤い…。
ほんとに今年は寒いです。(でも今日はちょっとまし)

江角さんも言ってましたが、マチベンの脚本家井上由美子さんの
脚本とっても面白いそうです。
私にとってはドラマ「白い巨塔」平成版を作ってくれた偉大な人!
ですが、他にも「北条時宗」見てて面白かったし、
「エンジン」は…?でしたが(^-^;
マチベンも期待です!!

そういえば、スマップの草なぎくん、金曜日のいいとも
インフルエンザでお休みだとは聞いたのですが、なんと
入院してたんだそうですね。
昨年出会った愛すべき、ハシビロコウという巨大鳥類を紹介してくれた、NHKの番組が再放送されます。
ステラに再放送予定が載っていたのでHP番組表を確かめたら、その時間になくてあれ?と思って、いつもハシビロコウ画像を見せて頂いているmasaoさんの所へいったら、変更されていた、と教えてもらいましたので下に記させて頂きました。ありがとうございました!
ただ特別番組などでまた変更の可能性もあるそうなのでご注意ください。

地球・ふしぎ大自然「巨大な鳥は顔が命!?探検 アフリカ大湿地」
1月30日(月) 【BSハイビジョン】14:15~ 【NHK総合】16:05~

このコは私が撮った千葉ッコ・ハッシーですhasibiro048-s.jpg
ラ●●ドア事件で放送が前倒しになったとの事、前はないだろう、前は(^^;;
でも、まだ大丈夫、ハシビロコウを未見の方は是非!ご参考までに、
■昨年のハシビロコウ記事はこちら。 
■昨年千葉に行った時のハシビロコウアルバムはこちら↓
1/20(金)~1/26(木)のドラマを見ての感想…。とりあえずこの回までは一回目見たのを続けてみてますので、頑張った記念に並べて書いとこう…って事で。次からはもう自然体で行きます(笑)

日「功名が辻」第3回
月「西遊記」第3回
水「神はサイコロを振らない」第2回
木「けものみち」 第3回
木「小早川伸木の恋」第3回
-----------------------↓先週----
金「出雲の阿国」第2回
金「時効警察」第2回
土「氷壁」第2回 別アップ済

新選組の歴史つながりで、坂本龍馬の関連番組を紹介します。龍馬役?のリポーターがミッチーというのが、おもしろいですね!

 龍馬の黒幕は外国人?という仮説を追うドキュメンタリー風番組なのかな、これは楽しみ…(*^^*)
[追記]調べてたら、この番組のHPありました。HBC北海道放送制作なんですね。
原作は、石の扉―フリーメーソンで読み解く歴史―加治将一氏著

「ミスキャストギリギリ」及川光博がTBS系番組で初リポーター (サンスポ.COMより)
2月26日放送のTBS系歴史ミステリー 龍馬の黒幕(後2・0)で初リポーターを務めることになった及川光博=写真=が都内で会見。幕末のヒーロー、坂本龍馬は、ある外国人に操られて動いていた-という大胆な仮説を基に、及川が長崎や英スコットランドを訪ね歴史をひも解く。再現ドラマで龍馬も演じた及川は「僕が龍馬なんてミスキャストギリギリですね」と笑わせながらも「歴史は時の権力者によって書き換えられることがある。新しい視点で龍馬像を感じてもらえれば」とPRした。


2006.01.25 氷壁 第2回
土曜日に録画しておいた氷壁第2回「生死を賭けた挑戦」(1月21日放送)を今日見た。
 雪山、と書いただけでは現せない、まさに「氷壁」を映像化するために本格的ロケを敢行したスタッフ、俳優さんすべてに拍手っ!

 そして骨太な人間ドラマというのにふさわしい、ドラマ・セリフ・演技。
 クライマーとして極限状態を共にし、命をわけあうようにしてK2登頂という夢をつかもうとする場面の数々に、二人の思いがズンズン響いてきて、
親友・奥寺を失った主人公・北沢のあのショック・放心状態が、実際の事のように痛かった。
本日発売のナビ様は、
山本耕史さんの連載での、佐藤浩市さんとの対談、オダギリジョーさん、堺雅人(連載エッセー)さん、
唐沢寿明さん、真田広之さん、玉木宏さん、と自分的に超豪華ラインナップで、一冊まるごと保存版な勢いでした!
 まだ全部読みきれてないですもん~!

 まずは山本耕史さんの連載「ちょっと休憩しませんか!」を読んで、
 「かっこいいよ~佐藤浩市さんっ」と心で叫んださっ(笑)
 [追記]書き忘れてましたが、2/10の[「しゃべり場」出演もすごい楽しみです!
 バッサ、バッサ、切ってほしい、けど10代相手にどうなるか?(笑)
2006.01.23 京屋忠兵衛
京都新聞より
壬生寺近くの新選組グッズの専門店「京屋忠兵衛」。今月いっぱいで当初の予定通り3年の営業に幕を降ろすそうです。

昨年初めて京都の壬生に行った時、1回だけでしたが、私も足を向ける事ができました。
京都新選組同好会の方が経営してらしたとの事、
買物しながら店主さんには幕末の地図のお話など聞けて、とても楽しかったです。ありがとうございました。ご苦労さまでした。
2006.01.22 きれい~
本日は雪の翌日、雪かきで腕は筋肉痛、肩も凝り懲りだったけど、実にきれいな朝でした(溶けたら汚かったけど(^^;)

で、出かけて夜帰ってきたら、母が
「新聞に山本耕史さんが出てたから片付けないでおいたわよー、きれいだねー」と朝刊をめくって探しだした、
「ほらっ」と出したのは、玉木宏さんだった、
「ち、ちがうよ、この人もきれいだけど、玉木さんは氷壁に山本太郎さんと出てる人だよ(←こんな説明もへんだと思うが)」
 やはり母の世代には、この判別もむずかしいのか,と思ったら、
「え??あ、違う違う、確かに山本耕史って書いてあったわよ」
と、そこまで自分はぼけてないぞ、といういきおいで
またゴソゴソとさがしだす~
「あ、ほらあったっ!」
あ、ほんとだほんとだ、よかった、うちの母もまだそこまでぼけてなかったか(^▽^;)
 というわけで、無事、あさひの別刷りBe on Sundayの耕史くんを見れました…。よかったですわ(笑)
 今日は土スタで、「毎日モーツァルト」のナレーションを担当する山本耕史さんがまるえぬフラッシュで番組紹介してるのを見ました。
 モーツァルトの活躍のピークが30歳というのが、今29歳の自分にとってもタイムリー、そんな僕を通して表現できたら、と思ってる、というようなお話してました。
 つぶやくような感じの落ち着いた語り口のナレーションと、更にモーツァルト音楽、これで目が覚めたら今年は毎日かなり幸せかも~!

 さて、今日は朝起きたら下総ではありえない、美し~い雪景色だったとです!
 センター試験日だというのに、今日受験の方たち、大変でしたね…。なんかこの試験日は毎年雪振ること多いですね。
2006.01.20 月明星稀が(泣
先ほど、読ませて頂きましたままこっちさん(ありがとうございました)のBLOGにてショックな話題が…愛読していた新選組マンガ「月明星稀」が、連載打ち切りと…。
ガーンΣ(T□T)ショックです。
単行本派なので掲載雑誌(ヤングサンデー)を見た事はなかったんですが、もう続きが読めないの??お目目が細いけど兄貴(土方)思いのかっこいい沖田も大好きだったのに…連載はどこまですすんでるんだろ。(どうやら山南さんはまだセップクしてないらしいですが…)
 今日は続編DVD発売ニュースで喜んだところだったのに、振れ幅の大きい日でしたわ~(ノ_-;)ハア…
 追記:BLOGウエストコースト日々抄のwindowhead様も、連載終了について書いてらしたので、記事リンクさせて頂きます。ほんとに惜しんでる方は多いと思いますよぉ。
2006.01.20 続編DVD
マグナムさんに発表がヾ(=^▽^=)ノ
「新選組!! 土方歳三 最期の一日」DVD発売です。

「新選組!! 土方歳三 最期の一日」
発売日:2006年4月21日
価格:税込4,935円(税抜4700円)
内容:本篇89分+特典(メイキング&12/24トークショーIN京都)
発行:NHKエンタープライズ
販売元:ジェネオン エンタテインメント



更に華之子さんの記事にて、ジュネオンさんにこんなページがあるのを知りました、ありがとうございました!!

特典映像も、楽しみですね~o(^O^*=*^O^)o
2006.01.19 読まなきゃ!
ほぼ日で、続篇を語ろうが、アップされてます…が、後でゆっくり読もうっと。

ただ今、ドラマ「小早川…」を見てて、「けものみち」は三谷さんの食わず嫌いみてたので、まだだし…あかん、もうアップアップ…。
一発であてられてしまった三谷さんの嫌いなものは「柿」でしたね。
でもおかげで笛の「ドナドナ」聴けたのでよかった(笑)

「小早川…」唐沢さん見てるといいんだけど、
 あの妻の言動を見てると、逆にストレスがたまってくるのは何故??(^^;
2006.01.19 サイコロ
神はサイコロを振らない第一回を見ました!
小林聡美さん、山本太郎さん、二人が出演というのが、見始める大きなきっかけでしたが、
これは面白かった!!
こういうの大好きなんですよ、話も、役者さんのテンションの
バランスもすっごくよかった~!

主役・小林聡美さんが撮影がんばってお正月寝込んで、三谷さんが近藤つねさんのフワフワ卵を作ってあげた(けど失敗?)というのを、あさひのコラムで読んだばかりでしたが、
ほんとにこれはがんばりがいのあるドラマでしょうね!
(これから録画みる方のために、以下かくします↓)
2006.01.18 人間バトン
■人間バトン
Akiさんからこのコメント内で受け取りました。
私の印象を,優しいなんて書いてくれてどうもε=ε=ε" "(/*'-'*)/、期待にどおり明日は特に人に優しくしよう(汗)

では、遅くなりましたが、答えてみます。
いつもながらの山本耕史さん新情報は、マグナムさんに行く前に、かよこさんの所で知った!!(笑)私です、感謝です。

マグナムSTAFF JOURNALより。
ドラマ出演のお知らせ

NHK土曜ドラマ「マチベン」全6回に出演します。
NHK総合4月8日(土)21:00〜21:58スタート
作:井上由美子
共演:江角マキコ・沢田研二・中島知子・小林隆ほか

山本耕史演じる「榊原啓吾」は、
三代続く法曹家庭に育った超エリート弁護士
という役柄になります。
ご期待ください!

NHK土曜ドラマ、今「氷壁」やってる枠の4月からのドラマですね。
氷壁もお気に入りですし、あの枠ならきっと見応えあるドラマを目指しているでしょう。

でも「マチベン」って原作あるんでしょうか?私は知らないのですが。
井上さん書下ろしなのかなぁ。知ってる方教えてください~!

で、エリート弁護士役だそうで…?
とにかくカッコイイの?
または胡散くさいとか…?
源さん(小林隆さん)も出るんですね、うーん、楽しみ(*^▽^*)

★追記★あ、それとあと数時間後、明日水曜発売のステラ、p79には、毎日モーツァルトのナレーション収録姿の副長の横顔ショットが小さいけど出てます(モノクロですけど)。「ナレーションを担当するのが、…山本耕史。肩ひじ張らず、日めくり感覚で楽しめるモーツァルト集になりそうだ」…という紹介文が。
★追記2★ぬかった(汗)ちゃんと85pの特集にも写真がカラーであったのね(TVでよくみるのと同じですが)…さて、キリトリ切り取り…(笑)
2006.01.16 童心に帰る
西遊記など、きっかけは組!の俳優さんたちが出てるから見たドラマも、
2回目からの感想書く時は、一般ドラマのエントリーにアップします。

お子様受けがいい感じだなぁ、と好感持ちつつも、第1回目はまぁ楽しいじゃない、という程度の西遊記だったのですが、

第2回目は、こんな駄々こねるやんちゃな奴(悟空)のお守りしながらの旅は絶対いやだなっ、なんてつっこみながらも、
なんだか童心を思い出したというか、こういう勧善懲悪(でもない?)とか、アッツイ友情とか、ぜんぶセリフになっちゃう明快さとかに、ストレートに影響されてた子供の頃をなつかしく思い出して見てました。
2006.01.15 氷壁
昨日氷壁、第1回を見ました。雨の中歩いて風邪ひいたらしく、録画でいいかな、と思ったけど見始めたら、引き込まれてやめられなくなった!(で、今日熱出て寝込んでました~体中いたい~)

 渋めのドッシリしたストーリー展開なんですけど、第1回目で登場人物紹介という面も出しつつ、今後の展開がわかるようになっていて、え、これからこれがどうあそこに繋がるの、と興味が繋がるようになってます。
 それに、惜しみなく使われる、雪山ロケ映像はハンパでなくすごいスケールだし…山本太郎さんが主人公を演じる玉木宏さんと、ニュージーランドでのぞんだ過酷なロケ話はこれまでも何回か聞きましたが、ほんとに見応えある絵です。
 このロケがあったんで、続編では試衛館ズのうちではグッさんとの二人は収録別になったんですよね、たしか。

 それにしても今年は雪害が報道されて雪の恐ろしさを感じる事が多いです。美しい、けど恐ろしい、自然はすごいです。
2006.01.14 また新ドラマ
時効警察
 金曜夜にぴったり、軽いテイスト、テンポもいいながら、お茶の間でほよよ~ん、として楽しめる感じで、更に素朴テイストなオダジョや、かわいくて元気なお龍さんだった、しずかちゃん(麻生久美子さん)もよかった。
 深刻なシーンもなさそうだし、こういう肩の力抜いて見れるドラマって近頃なかったなぁ、貴重です。楽しかった!

出雲の阿国
 原作を知らないので、そうか、こういうストーリー展開なのか、とまずはフムフムモードでした。
2006.01.13 風邪にご注意
ウルフ通信更新ですね。
大忙しだった山本耕史さん、やはりお正月はダウンしてたって事がかいてあります。
かわいそう~ほんとにお疲れ様でした…3日の放送は夢うつつでも見れたかなぁ。。。
年始年末頑張りましたで大賞!!をあげたい!

'06.1/13キャスター通信より
そうそう、年末年始大活躍、大忙しだった山本耕史さんも元日の生放送「スタジオパークからおめでとう 2006」の後、高熱でダウンしたそうです。病院には行かず、それがインフルエンザかどうかはわからないそうですが、「寝て治した」と、マネージャー氏。
さすが、すごい体力です。

2006.01.13 新ドラマ
今週は新ドラマが続々と…。(今日も2本、もう日付変わってますが)


「西遊記」は楽しく見ました、子供がわーい、とわくわくして
見れるようにうまく作ってある感じ。慎吾君、ものっすごい顔で
孫悟空やってますね、そのつきぬけた感じを突き通して、
これからも楽しませて欲しい。
 堺さんと夏目さんの西遊記が大好きだった私ですが、
このドラマもまずは2回目、見てみよう、という気になってます。

「けものみち」
 やっぱり佐藤浩市さんは芹澤鴨に限らず、めちゃかっこいい~、
ひ○みきさんは怖い~、
 あれ大鳥・吹越さん、また一癖ありそうな役ですねっ(笑)
という目で見てしまいましたが、ストーリーはかなりドロドロしてそう
だけど、1回目では主人公・米倉さんがまだ清純そうなお嬢様に見えてしまい、
迫力は今後…という所か。な。。

 そういえば田丸麻紀さんもこのドラマで米倉さんの秘書役で
出るって言うので?、今日の「徹子の部屋」に出てましたが、

新選組!にも出演、時代物初めてで大変だった、って話をしてて、
土方歳三さんの恋人役、山本耕史さんの、と徹子さんに紹介されてました。
 モデル出身で大きいと、時代物の時は、身体縮めてないと大変だったんじゃ、の問いに、
「今回山本耕史くんがパートナーだったんで」
「あぁ、あの方、お顔小さいけど、大きいのよね、背がね」
と、徹子さんの山本耕史さんへの親しみを感じされる言葉が。

「小早川伸木の恋」唐沢さん、朝からこのドラマの番宣出まくってましたが、もうおちゃめ、やんちゃ、どーしても誰かをおちょくりたくなるらしい楽しい唐沢さんは健在でした。
でも、とてもシリアスなドラマ、というのが伝わらないのが問題(笑)
 白い巨塔と同じ、外科医役でありながらも、今度は腕はいいけど、よき夫、よき父であろうとしいる、いい人な温厚なお医者さん。

 でもほんとにドラマはエキセントリックな嫉妬深い妻が
包丁を振り回してます。。。
 いや、男女の感情のすれ違い、は皆思い当たるはず、という
のはわかるんですが、あれはもう、精神的にやばいんでは?
夫が医者なら、診察受けさせたほうが…なんてつっこみを
いれつつも、目はキュートな唐沢さんにすいつけられてました(笑)
 あ、もちろんキュートなタニショーさんも、
(すかした(汗))外科医役やってます。
 北海道の星?大泉洋さんも面白いし、谷原さん、唐沢さん…
この面子での撮影現場、すごい楽しそうですね。

三谷さん、明日(今日か、)、目覚ましや、いいともでますね。
土曜はスマステも出るし、映画公開を前にお忙しい!
でもおしゃべり聞けるので嬉しいです!
今、オーラの泉で、おちゃめなオダギリジョーさんが見れました!
それに、あまりに新選組!での斉藤さん役とリンクする話が多くて、
びっくりでした!

今まであったエキセントリックな役のイメージやら、
ちょっと変わったファッションやらとは違う
姿が見えたような…。
(といっても、斉藤さんでのオダジョさんの印象が大部分な私は、
 そういう彼をあまりしらないのですが)


今回、驚いたお顔をいっぱい見れたんですが、
それがまたすっごいかわいいんですわ~(*^^)

今朝、はっと気づいたら、三谷さんがNH●ニュースに出てたんであわてて録画、
途中からだったので、その前に、組!の話題があったのかどうかはわかりませんが…出てたのかな、知りたいなぁ。

でも聞いた部分もいいお話だったので、久々に文字起こしなど。ちょっとはしょってます。
(注)大河組!のカテゴリーなのは、やっぱり最後はそっちの話題に私が振れたためです。

笑いの旗手 新たな挑戦
インタビューテーマは、映画「THE有頂天ホテル」の事中心でした。

アナ「『新選組!』もそうだったんですけれど、また群像ですよね、
 言ってみれば、主役が誰ともなかなかこう、いいきれない…」
2006.01.10 ゲストに!
 かよこさんに教えてもらいました(*^^*)
 今朝のBSハイビジョンプレマップに、山本耕史さんが、下記のモーツァルト関連番組に出られるって出たそうです。


モーツァルト・イヤー特集「生誕250年まるごと入門!モーツァルト」
27日(金)19:30~  BS2
28日(土)19:30~  BShi

 HPのここ→今日から7日以降の情報ラインナップには、まだ出てませんね。
 でも楽しみです。
2006.01.09 ご開帳?
さきほどかよこさんの所へ行って教えてもらいました!朝刊まだ見てなかったので、見逃していた!感謝です!
あさひ本日朝刊の第2TV欄の(千葉では31面)「TVこのセリフ」に、土方歳三最期の一日から土方さんのセリフ、
「これから俺たちは、生きるために戦うんだ!」土方歳三(山本耕史)
が、ダンダラを額に閉めるシーンの白黒写真と共に取り上げられています!
これ書いたライターさんも、山本土方のこのセリフに新年早々勇気をもらったそうです。
 
 今日はもひとつ書きおきたいことが。本日(というか昨日の深夜)ついにナビムックの新選組!!完全ガイドブックの箱を開けました!
navi1088a.jpg

やっぱりちょっとほうけていたらしく、
ちゃんと1/6に更新されていた、キャスター通信、今日気づきました。
吾妻アナを始め福島放送局の皆さんのおかげで見れた
「土方歳三とオレ」ほんと見れてよかった、ありがとうございました。
トークショーのエピソードがまた紹介されています。
「器用なのは、それだけ努力しているってこと。…」
と、山本語録を紹介、じっくり読むとなんかいいですね、
ウルフアナのように力が湧いてきますよ!
できればトークショーもみんな見たいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。