上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.21 見ました?
久々、新選組物の新作ドラマが始まりましたね!
録画を見ました。


昨年訪れた、弘道館が山ほど出てきて、びっくりしました(笑)
文化財でロケって大丈夫なんですかね?とちょっと心配ですが、
慶喜さんも150年後に、自分の謹慎場所でドラマが撮影されてるとは、思わなかっただろうな(笑)


いやあ、みんなぴちぴち!元気だな!
メイキング番組も見ていたので、心の準備(笑)はできてましたし、


がんばって撮影したんだなぁ、とか、鉄の俳優さんは、なんかぴったり、とか、
元気いっぱいの立ち回りが気持ちいいわぁ、とか、


あのワカモノパワーをいただきたいわ(バアサマ発言(^^;))とか、
そんな気持ちで見れました(笑)


あ、原作のあの独特の暗さはまだあんまり出てこず、よかった。まぁこれからでしょうが、
えぐいのは、私だめなんで、さわやか重視でやってほしいなぁ…ってそれは無理か? 
 

何といっても、次に「組!」仲間に会ったときに、このドラマの話で
もりあがるのが楽しみだなぁ(='m') ウププ
スポンサーサイト
鞍馬天狗、前回は最初見落としましたが、今日は、ちゃんと最初から見れました♪

 (以下、ネタばれです↓)

-----------------------------------------------------

色々な登場人物が入れ替わり立ち代わり、読みきりの気楽さも心地よいです!
ただ、新選組ファンとしては、やっぱり毎回殺される隊士の皆さんが不憫ですね(・・、)
近藤さんが、前回死んでしまった隊士の回想シーンで、「サノーッ」と叫んでましたが、まさか左之助じゃないよなぁ、とか、心配してしまいました(^^; 佐野って人もいるみたいですしね~。(左之助じゃなければいいのか、とか、そういう問題ではないですが(^^;)

近藤さんは、めちゃくちゃ悪役かと思いきや、強面でも、よき好敵手になっていて、なかなかかっこいい描かれ方ですね。
いい人イメージだった緒方直人さん、今日も、表情筋が筋肉痛なりそうな熱演も見応えがあったし、さすが天然理心流!な掛け声もすごかったです(^▽^;)

「我が虎徹も血に飢えておるぞ~~」というセリフがありましたが、
「今宵の虎徹は血に飢えている」というあの有名なセリフ、ってこの原作がルーツなんですかね?

あ、土佐弁の役者さんはかっこよかったですね。
2008.01.17 人相が…(涙)
しまった!!20分過ぎてしまった!!!
 とチャンネルを1チャンに合わせると……

新選組が鞍馬天狗な萬斎さんにやられている所でした。
トシさんは、あ、あの人ね…、あ、局長が…あ、そうそう、おがたさんだったな…

この作品の出た頃、司馬さんの「燃えよ剣」以前は、悪役新選組なイメージむんむんだったそうなのは知ってましたが(^^ゞ

隊士のみなさん、人相悪すぎ…?(;´▽`A``

まんさいさんは、結構好きです…ので、この際、新選組がやられてる
シーンは、ストリーミング動画のごとく頭から消去して、楽しみたい…
と思っていたのですが、やっぱ、タイマー録画しないと
忘れてしまうな、セットしときましょう。

でも、気に入ったところ!!

音楽:服部隆之…「新選組!」に続き、幕末時代劇でエヌエイチケーに、ご指名されたのですね。
 いいですね~、厚みと奥行きのある、そして瑞々しいオーケストレーション!o(^O^*=*^O^)o

土方さんについては、今後どういう登場なのか、よく知りませんが、登場人物紹介が、

 新選組の副長。局長・近藤勇の右腕として、鞍馬天狗を追う。
 使命のためあえて非情に徹し血気盛んで、鬼の副長として恐れられる。

 とあった…、土方ファンに対してもちょっと気を使ってる?(笑)
 
 チャーミングな浪人・鞍馬天狗はかっこよかったですね~~♪
 でもあのシチュエーションで、なにもあんなにいっぺんに隊士の皆さんを斬らなくても…。峰打ち…じゃあないよねぇ?

 もう一つ、桂さんがへたれすぎ…へたれすぎて、却って気に入った(笑)
 羽田・幾松さんはどういう所に惚れたんでしょう…20分の間見てないのでなんともいえないんですが~(笑)
2007.09.10 糸里見ました
輪違屋糸里を見ましたが、
(ちょっとネタばれなので、以下、↓に隔します)
ちょとびっくりな、アメリカ人作家が書いた新選組についての本が翻訳・出版された、というニュース。
『新選組 将軍警護の最後の武士団』
2007年6月30日(奥付発行日) 1,400円(本体)+消費税
著  者 : ロミュラス・ヒルズボロウ
訳  者 : 正木恵美 発  行 : バベルプレス


著者のロミュラス・ヒルズボロウは、滞日15年のアメリカ人で、日本語は堪能とはいえ、広範な日本語の資料を丹念に調査し、史実の欠落も多い新選組の実像を見事に再現している。……とかくヒロイックに、劇的に描かれすぎてきた感のある新選組を、冷静に見つめ直したアメリカ人作家の意欲的なノンフィクション…という一冊だとか。

 なんと訳者の正木さんは、大河ドラマ「新選組!」の魅力の虜になって新選組関係の本を読みまくったのだそうです!! こちらのネット販売ページの紹介に書いてありました。
 アメリカの本までいってしまうのがさすが翻訳家さんです…(^▽^;)

 著者は今はアメリカで暮らしているそうですが、それにしても、いくら在住15年とはいえ、日本語の史料を調べた、というのはすごいですねぇ。よくぞ、書いたなぁ。
 いえ、内容は読んでないからわからないですけど、書上げちゃう所がもう既にすごいです。幕末ファンは全世界的だったんですねぇ。。。
2006.11.22 鴨千鳥
先日、とり貯めていた「新選組血風録」を立て続けに、数本見ていましたと、
その中に「鴨千鳥」という回があるのですが、
これ、今まで見た中でもすんごくよかったです(^^)v
 (今まで…と言っても、見る順番がたまに前後したりもしてますが)
シリアスな話ではまた他にいいのもあるのですが、
これは、試衛館ズがすごい仲よくて、なごみます!
今日、「週刊朝日MOOK 週刊 司馬遼太郎」857円(+税)を購入してきました!
司馬遼太郎

そう、『土方歳三血風録』の連載のために春先、毎週、週刊朝日をセッセ、セッセ、と買っていた、あれがムックに。

 それにあの時は黒白だった案野光雅氏の挿絵も、写真も(もちろん副長山本耕史さんのインタビューの時の写真だって)、すべてカラー、うーん、これは買いでしょう!!

 …と思ったと同時に頭をよぎったのは…こんな早く出版されるとは…あの週間誌をバラしてファイルしたあの手間はいったい…(^-^; 
 ってことは、あの一瞬だけで、もう考えないことにしましょ(笑)

(ちなみに、土方…の他に、私は週間誌連載時は買っていなかった、
『永遠の竜馬』『信長のみち』『「功名が辻」の世界』がいっしょに入ってます。)
2006.05.08 歳三忌と講演
土方忌に、初めて行ってまいりました。
 雨が心配な天気の中、まずは土方歳三資料館で歳三手植え矢竹から作ったストラップ、書籍類を購入して、この時期展示されている、愛刀・兼定をはじめ、ゆかりの品々を見ました。この資料館は来るたび、感慨が深まります。
 その後石田寺の法要へ行き、お墓の前で御焼香してまいりました。心配していた雨もパラパラ程度で、よかったです。

 その後、講演「映像に見る土方歳三」を聞きに高幡不動へ。

 大河以来の新選組ファンである私は、昔からの映像作品をちゃんと見たおぼえがなく、これまでどんな作品が生み出されてきたのか、興味がありました。

 講師は昭和36年以来新選組の映像を見続けてきた映像評論家・黒須洋子氏。
2006.01.20 月明星稀が(泣
先ほど、読ませて頂きましたままこっちさん(ありがとうございました)のBLOGにてショックな話題が…愛読していた新選組マンガ「月明星稀」が、連載打ち切りと…。
ガーンΣ(T□T)ショックです。
単行本派なので掲載雑誌(ヤングサンデー)を見た事はなかったんですが、もう続きが読めないの??お目目が細いけど兄貴(土方)思いのかっこいい沖田も大好きだったのに…連載はどこまですすんでるんだろ。(どうやら山南さんはまだセップクしてないらしいですが…)
 今日は続編DVD発売ニュースで喜んだところだったのに、振れ幅の大きい日でしたわ~(ノ_-;)ハア…
 追記:BLOGウエストコースト日々抄のwindowhead様も、連載終了について書いてらしたので、記事リンクさせて頂きます。ほんとに惜しんでる方は多いと思いますよぉ。
2005.11.09 手がぬける!
今日は、仕事帰りに、誰のファンだか一目でわかる、というこれらの雑誌など(^-^;を一気に買った。
既に6冊の本をかついでいたところに、これが加わったため、手が抜けそうになった!(* T-)

出たときにちょっとずつ買えばいいようなもんですが、なかなかそうもいかなかったりするもので(^-^;
最近はネットにおまかせが多いのでこういうのは久々だった~。
これから見ます(^▽^)
051109hon-03.jpg

まもなく永倉さんのひ孫二人が書かれた、興味深い書籍が発行されます。
みみぃさんに教えてもらいました感謝(*^^*)日野新選組同好会の情報。
もう発行日(10/27)が迫っているのですねぇ。全然知りませんでした。
書籍名は、 『新選組 永倉新八のひ孫がつくった本』  です。
先日、テレビ番組「新選組。永倉新八からの伝言」が受賞した、ディレクター杉村 和紀氏と、『新選組永倉新八外伝』(新人物往来社)など書かれたライター杉村 悦郎氏の共著。
2005.08.10 漫画を購入
久々に、漫画を購入。
空知秀秋氏著「銀魂8巻」と杉浦日向子氏著「合葬」…
全然違うようでいて、さりげなく(?)幕末を押さえてます…いや、違うか(笑)

2005.07.02 ほしい本
購入希望してた本が2種ありまして、
 1つは、今更ながら、宮城・福島版のテレビナビ様。
(この所のいい仕事っぷりに、「様」をつけたくなっちゃう。。。(*^^*))
 もう一つは佐藤彦五郎日記。

 ナビが続編決定記事をやっているのは
 みみぃさんのブログで知っていたのですが、
さきほど、5/11発売のこの本が、五稜郭より届きました(*^^*)

再販ですが私にとっては初めて読む本です。
大切に読みたいです。が、
なんかオビ読むだけで、既にくるな…←それもどうかと(^^;

sange-hijikata040-ss1.jpg


明日から五稜郭まつりですね。
お天気に恵まれますように。
遠路見に行く方も、気をつけて、いってらっしゃい(^ー^)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。